ゴレツカ 歴代の背番号を調査!年俸推移も気になる

こんにちは、新生ドイツ代表の中心選手として大注目されていますレオンゴレツカ選手。

「バラック(皇帝)2世」と言われ、名門バイエルンでは、すでに確固たる地位を築いています。

今回は、そんなゴレツカ選手についてまとめてみました。

スポンサーリンク

プロフィール

生年月日:1995年2月6日

出身地:ドイツ ノルトライン=ヴェストファーレン州 ボーフム

身長:189cm

体重:76kg

ポジション:MF

利き足:右足

【プレースタイル】

  • 少ないタッチ数でテンポよく捌き、伸びのあるダイナミックなボール運びで好機を演出する。
  • 絶妙なパスで攻撃を組み立て、難局も1人で打開できる。
  • 中盤ならどのポジションでの高レベルでこなせるユーティリティ性をもっている。
  • 素早く状況判断ができ、瞬時に攻撃・守備での軌道修正ができる。
  • 強靭なフィジカルと豊富なスタミナを兼備し、ヘディングが非常に強い。

歴代の背番号を調査!

18番(ボーフム:2012-2013)

VFLボーフムの下部組織出身。

「ボーフムが生んだ100年に1人の逸材」と言われ2012年に17歳でトップデビューを果たし、2012-2013シーズンは、公式戦36試合に出場し、4得点を記録しています。

スポンサーリンク

8番(シャルケ04:2013-2018)

移籍を巡ってクラブ間で揉めましたが、ゴレツカ選手の希望を尊重し、ボーフムが折れる形で2013年7月に加入しました。

18歳とは思えないほど冷静沈着なプレーでリーグ戦25試合に出場し4得点を決め、超新星として注目されます。

Leon Goretzka は、Low のプレリストに新たに追加された 1 人です。 2013/14 ブンデスリーガでシャルケの 18 歳のミッドフィールダー

2014-15シーズンは怪我のため、リーグ戦10試合(無得点)出場に留まりますが、2015-16シーズンは34試合、2016-17シーズンは過去最高のパフォーマンスを見せ、リーグ戦30試合に出場・5得点と評価が急上昇。

2017-18シーズンもハイパフォーマンスでリーグ戦26試合に出場・4得点とシャルケの絶対的エースとして広く認識されました。

シャルケではリーグ戦116試合に出場・14得点を記録しています。

スポンサーリンク

18番(バイエルンミュンヘン:2018-)

ユベントスへの移籍報道が加熱するなか、2018年1月、FCバイエルン・ミュンヘンに新シーズンから加入することが発表。

ユベントスはシャルケにレオン・ゴレツカについて尋ね、シャルケとの契約は2018年6月に満了する

シーズン途中で宿敵に移籍を発表、さらに移籍金は発生してないことからシャルケサポーターは激怒し大きな反響となりました。

ユース時代から言われていた「天才」がさらに進化し、2018-19シーズンは加入1年目ながら主力として活躍。

リーグ戦では30試合8ゴール5アシストを決め、自身初となるリーグ優勝とDFB杯制覇に大きく貢献しました。

2019-20シーズン、コロナ禍のロックダウン中にフィジカル改造に着手し周囲を仰天させました。

絶好調のコンディションとなり、リーグ戦では24試合で6ゴール9アシストでリーグ8連覇を達成。

UEFAチャンピオンズリーグ決勝のパリ・サンジェルマン戦でも先発フル出場して優勝に貢献、さらにDFB杯も勝ち取り3冠達成の原動力となりました。

2020-21シーズン、2021年4月に行われました2位、RBライプツィヒとの直接対決で決勝点をあげるなど、強すぎるバイエルンを象徴するかのような活躍を見せ、前人未到の9連覇達成に大きく貢献しています。

スポンサーリンク

代表の歴代背番号を調査

17番

2014年5月に行われましたポーランド代表との親善試合で代表デビューを果たしました。

8番

2017年のコンフェデレーションズカップのメキシコ戦(4-1勝利)では2得点を決め、マン・オブ・ザ・マッチに選ばれました。

24番

2018ワールドカップではグループリーグ第3戦の韓国戦に出場するも無得点に終わり、チームも0-2で敗退。決勝トーナメント進出とはなりませんでした。

18番

ワールドカップの惨敗を受け、新生ドイツ代表の中心選手として期待がかかります。

2019年4月に行われましたセルビア戦(親善試合)では、引き分けとなる貴重なゴールを決めました。

2020年のネーションズリーグウクライナ戦では、頭で押し込むゴールでチームの勝利(2-1)に貢献しています。

スポンサーリンク

年俸推移も気になる

ボーフムでの年俸はわかりませんでしたが、2016年、ドイツの経済サイト「Finanzen100」が発表した額によりますと、ブンデスリーガ2部に属しています選手の年俸は平均で約45万ユーロ。日本円に換算すると、約5300万円ということでした。

なのでゴレツカ選手のボーフム時代の年俸をこの金額として・・

★ 2012年(ボーフム)約5300万円

★ 2015年(シャルケ04)約2億6800万円

★ 2019年(バイエルン)約12億6900万円

この経緯から見ますと、移籍していくごとに年俸は5倍以上に激増していることがわかります。

ちなみに当時、バイエルンへの移籍をシャルケが引き止めようとした際に、ゴレツカ選手に提示した年俸は約15億~16億円とも言われ、大きな反響となっていました。

私なりのまとめ

バイエルンはもちろん、EUROやワールドカップでの活躍次第では、年俸が20億、30億円となる可能性が極めて高いですね。

今後の展開に注目です。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

【関連記事はこちら】

チアゴアルカンタラ 歴代の背番号を調査!兄弟や父親についても

【年代別】バイエルンミュンヘン 歴代メンバー 一覧|背番号付きで紹介

【年代別】シャルケ04 歴代メンバー 一覧|背番号付きで紹介

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする