カラブリア(ミラン) 歴代の背番号を調査!プレースタイルや年俸についても

こんにちは、ミラン一筋の生え抜きとして存在感を増していますダヴィデ カラブリア選手。

好調ミランを支え、今や無くてはならない選手となっています。

今回はそんな、カラブリア選手についてまとめてみました。

スポンサーリンク

プロフィール

生年月日:1996年12月6日

出身地:イタリア・ロンバルディア州ブレシア

身長:177cm

体重:70kg

ポジション:DF

利き足:右足

【プレースタイル】

  • 豊富な運動量で何度もスペースに飛び出し、スキあらばボックス内へ侵入してチャンスを演出
  • しつこくマークで決して相手に自由度を与えない
  • 戦術理解度が高く、中盤でのポジションも起用可能でユーティリティ性に優れている

歴代の背番号を調査!

96番(ACミラン:2015-2017)

2006年(10歳時)にACミランの下部組織に入団。

当初は中盤でプレーしていましたが、サイドバックへコンバートされるとその才能が開花します。

技術面では荒削りがあるものの果敢な攻め上がり評価され、2015年にトップチームへ昇格。

5月に行われましたアタランタ戦でマッティア デシリオ選手と替わってセリエAデビューを果たし、3対1の勝利に貢献しました。

シニシャ ミハイロビッチ監督(当時2015-16)やモンテッラ監督(当時2016-17)からは第3のサイドバックとして期待度が高く常にベンチ入りはしますが、副主将(当時)のイニャツィオ アバーテ選手の壁は高くなかなか出場機会には恵まれませんでした。

「ACミランとの最初の試合は、2015/16シーズンにシニシャミハイロビッチがコーチを務めた。その試合では、パレルモとの試合の代わりに出場した。」

ダヴィデ・カラブリア。

  • 2014-15 リーグ戦 1試合・0得点
  • 2015-16 リーグ戦 6試合・0得点
  • 2016-17 リーグ戦 12試合・0得点

スポンサーリンク

2番(ACミラン:2017-)

度重なるケガやクラブの成績不振も重なり、一時は放出候補にあげられますが、ガットゥーゾ監督(当時2017-19)が先発に抜擢。

期待に応えるかたちでリーグ戦21試合(1得点)に出場し、イタリア杯準優勝に貢献。チームの重鎮・アバーテ選手の後継者となりました。

ステファノピオリ監督体制初のフルシーズンとなりました2020-21シーズン、スプリント力に磨きをかけクロスとシュートの精度を上げるなど好パフォーマンスを披露。

ミラン25年ぶりの開幕4連勝に大きく貢献するなどリーグ2位でフィニッシュ。8シーズンぶりとなるチャンピオンズリーグ出場権獲得に導く活躍を見せました。

2021年7月には2025年夏まで契約延長するなど、主力で唯一の生え抜きとして、2010-11シーズン以来となるスクデット獲得に奮闘しています。

オリビエ・ジルーは、ダヴィデ・カラブリアのわがままな努力を振り返り、ミランにスクデットレースでナポリに1-0の大勝利をもたらし、ミランをトップに押し上げた。

  • 2017-18 リーグ戦 21試合・1得点
  • 2018-19 リーグ戦 26試合・1得点
  • 2019-20 リーグ戦 25試合・1得点
  • 2020-21 リーグ戦 32試合・2得点

スポンサーリンク

代表の歴代背番号を調査

14番

各カテゴリー(U-17 U-18 U-19 U-20 U-21)の代表に招集され、2020年11月に行われました親善試合・エストニア戦(4-0勝利)でA代表デビューを果たしました。

サンドロ#Tonaliとダビデ#Calabriaはそれぞれ46分と10分ですが、親善試合でエストニアに4-0で勝利したイタリア代表チームの勝利です。

13番

2020年11月に行われました「UEFA ネーションズリーグ」のボスニア・ヘルツェゴビナ戦(2-0勝利)で94分にロレンツォ インシーニェ選手に替って出場しました。

11月のイタリアの#Estonia 、#Poland 、 #Bosniaとの今後の試合のためにロベルト#Manciniから呼び出された選手

3番

「2022 カタールワールドカップ」欧州予選に出場しています。

ダヴィデ・カラブリアとサンドロ・トナーリ:

2021年11月12日:イタリアvスイス、ローマ(イタリア)-2022FIFAワールドカップ予選

2021年11月15日:北アイルランドvイタリア、ベルファスト(北アイルランド)-2022FIFAワールドカップ予選

速報:ダヴィデ・カラブリアは、ふくらはぎの負傷のため、イタリア代表チームのキャンプを去りました。彼は今日ミラノに戻ります。

スポンサーリンク

年俸(推定)について

2014年からの年俸推移を示しています。

・2014年 約176万円

・2015年 約152万円

・2016年 約2700万円

・2017年 約1.5億円

・2018年 約1.7億円

・2019年 約3億円

・2020年 約5億円

・2021年 約5.4億円

・2022年 約5億円

私なりのまとめ

悲願のスクデット奪還に向けて、これからさらなる活躍に注目ですね。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

【関連記事はこちら】

フィカヨトモリ 歴代の背番号を調査!プレースタイルや年俸について

テオエルナンデス 歴代の背番号を調査!兄弟や年俸についても

サーレマーケルス 歴代の背番号を調査!プレースタイルや年俸についても

ダニエルマルディーニ(マルディーニ息子)歴代の背番号を調査!年俸についても

ラファエウレオン 歴代の背番号を調査!プレースタイルや年俸推移も気になる

ブラヒムディアス 歴代の背番号を調査!プレースタイルや年俸も気になる

マイクメニャン 歴代の背番号を調査!年俸推移も気になる

ケシエ 歴代の背番号を調査!プレースタイルや年俸推移も気になる

サンドロトナーリ 歴代の背番号を調査!プレースタイルや年俸についても

【年代別】ACミラン 歴代メンバー 一覧|背番号付きで紹介

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする