ラムズデール 歴代の背番号を調査!プレースタイルや年俸も気になる

こんにちは、開幕から3連敗と絶不調でのスタートとなりましたアーセナル。

その中でも獅子奮迅の活躍を見せています若き守護神、アーロン ラムズデール選手に注目が集まっています。

今回は、そんなラムズデール選手についてまとめてみました。

スポンサーリンク

プロフィール

本名:アーロン・クリストファー・ラムズデール

生年月日:1998年5月14日

出身地:イングランド・ストーク=オン=トレント

身長:188cm

体重:77kg

ポジション:GK

利き足:右足

【プレースタイル】

  • サイズ、キック、足元の技術、セービングの全てを兼ね備えている。
  • 集中力が高く、反応も鋭い。
  • ビルドアップに必要な戦術理解が高く、フリーマン(状態の良いフリーな選手)となり得るキーパー。

歴代の背番号を調査!

12番→1番(シェフィールドユナイテッド:2016-2017→2020-2021)

★ボルトンの下部組織でキャリアをスタートさせ、2013年にシェフィールドユナイテッド(当時=EFLリーグ1)の下部組織に移籍し、2015年にトップチームに昇格します。

2016年5月にチームとプロ契約を交わすと、2016年11月に行われましたFAカップ・レイトンオリエント戦でプロデビューを果たし6対0の勝利に貢献。

続くFAカップ・ボルトン戦にも出場しますが、チームは2-3と敗れました。

FAカップでレイトンオリエントに6-0で勝利し、シェフィールドユナイテッドで90試合をフルプレーしました。

★2020年8月、古巣のシェフィールドユナイテッド(当時=プレミアリーグ)に4年契約で復帰します。

正GKとしてプレミアリーグ全試合に出場し、チームの年間最優秀選手および年間最優秀若手選手を受賞しますが、チームは降格の憂き目に。

  • 2015-16 リーグ戦 0試合・0得点
  • 2016-17 リーグ戦 0試合・0得点
  • 2020-21 リーグ戦 38試合・0得点

スポンサーリンク

12番(ボーンマス:2017-2020)

★2017年1月31日、ボーンマス(プレミアリーグ)に推定額80万ユーロで移籍をしますが、2016-17&202017-18シーズンは出場機会に恵まれず2018年1月出場機会を求めてチェスターフィールド(当時=EFLリーグ2)に期限付き移籍を志願しました。

★半年間の武者修行の成果を示しプレミアデビューを狙いますが、アルトゥールボルツ選手やアスミルベゴヴィッチ選手の壁は高く、2019年1月4日には、またもやAFCウィンブルドン(当時=EFLリーグ1)へ期限付き移籍となりました。

★2019-20シーズンはボーンマスに戻り、開幕戦に先発出場しプレミアデビューを果たします。

古巣シェフィールドユナイテッドとの試合で白熱し1対1の引き分けで終わりました。

2019年10月に新たにチームと長期契約を締結すると、正GKとしてリーグ戦37試合に出場。10月と1月の月間プレーヤ賞を、そしてファンが選ぶ年間最優秀選手に選ばれました。

  • 2016-17 リーグ戦 0試合・0得点
  • 2017-18 リーグ戦 0試合・0得点
  • 2018-19 リーグ戦 0試合・0得点
  • 2019-20 リーグ戦 37試合・0得点

スポンサーリンク

1番(チェスターフィールド:2018)

2018年1月にチェスターフィールド(当時=EFLリーグ2)に半年間のレンタル移籍で加入します。

すぐに正GKとしてアクリントンスタンリー戦がデビューとなりますが、オウンゴールを含む0-4で敗退。

続くルートンタウン戦では2-0で勝利しクリーンシートを達成するとリーグ戦19試合に出場し、降格争いをしていたチームの残留に大きく貢献しました。

アーロン・ラムズデールは、困難なデビューから立ち直り、チェスターフィールドのルートンに対する印象的な2-0の勝利でクリーンシートを記録することを喜んでいました。

●2018 リーグ戦 19試合・0得点

35番(AFCウィンブルドン:2019)

2019年1月4日にAFCウィンブルドン(当時=EFLリーグ1)に半年間のレンタル移籍で加入します。

翌日には正GKとしてFAカップ・フリートウッドタウン戦に出場し、3-2の勝利に貢献しました。

その1週間後のコベントリーシティ戦(1-1引き分け)でリーグデビューを果たすとシーズン後半の20試合に出場。

ウィンブルドンも降格争いを演じていましたが、ラムズデール選手の活躍で残留となり、シーズンの若手プレーヤー賞を受賞しました。

アーロン・ラムズデールは、ボーンマスからのローンで2019年1月から2019年6月までAFCウィンブルドンを擁護している。

●2019 リーグ戦 20試合・0得点

スポンサーリンク

32番(アーセナル:2021-)

2021年8月にはアーセナルへ移籍となります。

加入当初は控えに留まるも、9月に行われましたプレミアリーグ・ノリッジ戦で先発に抜擢され、アーセナル加入後プレミアリーグデビューを果たし1-0の勝利に貢献。

その後もトッテナム戦(3-1勝利)や、レスターシティ戦(2-0勝利)での活躍が評価され大きな話題となっています。

スポンサーリンク

代表の歴代背番号を調査

U18、U19、U20、U21と各カテゴリーに招集され、特に2017年に開催されたUEFA欧州U-19選手権では、5試合全ての試合に先発出場し、3試合クリーンシート(無失点)を達成させチームの優勝に大きく貢献しました。

イングランドU19のアーロンラムズデール:「チームの半分はチェルシーで毎シーズントロフィーを獲得しています。彼らは勝利がどのようなものかを知っています。」

続くU21でも「2021 UEFA U-21欧州選手権」に出場、3試合に先発出場しています。(グループステージ敗退)

アーロン・ラムズデールがキャプテンとしてスタート
今夜はU21。

22番

イングランドA代表には「EURO 2020」の最終候補33人に選ばれますが、最終メンバー26人には怪我のため選ばれませんでした。

続く「2022 ワールドカップ欧州予選」アンドラ戦(10月9日)とハンガリー戦(10月12日)に招集されましたが、試合には出場していません。

ブカヨ・サカとアーロン・ラムズデールは、来月のハンガリーとアンドラに対するイングランドのワールドカップ予選に招集されました。

ちなみにアンドラ戦は4-0で勝利、ハンガリー戦は1-1の引き分けという結果となっています。

スポンサーリンク

年俸も気になる

2015年からの年俸推移を示しています。

・2015年 約65万円

・2016年 約80万円

・2017年 約2800万円

・2018年 約2800万円

・2019年 約2800万円

・2020年 約6000万円

・2021年 約3.5億万円

・2022年 約5.1億万円

まだまだ実力的に伸び代があるので、年俸も激増すると思うので分かり次第追記していきます。

私なりのまとめ

アーセナルにとって大注目の存在といますが、背番号1のベルントレノ選手も素晴らしいGKなのでレギュラー争いにも注目ですね。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

【関連記事はこちら】

スミスロウ 歴代の背番号を調査!プレースタイルや年俸についても

【年代別】アーセナル 歴代メンバー 一覧|背番号付きで紹介

アーセナル 歴代キャプテンまとめ!顔写真付きで紹介

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする