ムサディアビ 歴代の背番号を調査!プレースタイルや年俸推移も気になる

こんにちは、名門レバークーゼンで、若きエースとして大活躍のムサディアビ選手。

ビッグクラブへの移籍も「時間の問題」と言われており、特にプレミアリーグから注視されています。

今回は、そんなムサディアビ選手についてまとめてみました。

スポンサーリンク

プロフィール

生年月日:1999年7月7日

出身地:フランス・パリ

身長:170cm

体重:67kg

ポジション:FW / MF

利き足:右足

【プレースタイル】

  • 相手を一瞬で抜き去る高速ドリブラー。
  • 足元の技術も高く、長短のパス(クロス)で好機を演出する。
  • 自陣の最終ラインから相手ゴール前までのスプリント力が超一級品。
  • 相手DFの裏へ抜け出す動きも得意。

歴代の背番号を調査!

13歳でパリサンジェルマンのアカデミーに入団。

2016年にはアカデミーで最も有望で才能豊かな選手に送られるティティドールを受賞しました。

2017年にBチームに昇格すると、14試合に出場・2得点の成績を残しました。

19番(クロトーネ:2018)

2017-18シーズンの後半にセリエAのFCクロトーネに半年間のレンタル移籍となります。

ムッサ#Diaby、PSGの若きストライカー、FCに6ヶ月間貸与#Crotone(セリエA)

2018年4月14日、ジェノア戦でプロデビュー(途中出場)を果たしましたが、その後なかなか出場機会に恵まれず、4月18日のユベントス戦のみの出場(1-1引き分け)となりました。

クロトーネでは2試合の出場(無得点)となっています。

スポンサーリンク

35番(パリサンジェルマン:2018-2019)

2018年9月14日、ASサンテティエンヌ戦で半年ぶりに復帰を果たします。

細かい足技とスピードにのったドリブルで、敵を翻弄し右サイドから違いを生み出すプレーで、エース・ムバッペ選手の控えとして活躍します。

ムサ・ディアビ:「チャンピオンズリーグでパリが遠くまで行くのが見える」

リーグ戦25試合に出場・2得点を決め、リーグ2連覇に貢献しました。

19番(レバークーゼン:2019-)

2019年6月14日、レバークーゼンへの移籍を発表。(5年契約)

快速ドリブルですぐにレギュラーに定着すると、公式戦15点以上に絡んだプレーをみせ、DFB杯決勝進出(準優勝)に貢献。

リーグ戦も28試合に出場・5得点とティティドールとしての頭角を現します。

●2020-21シーズンも好調をキープさせ、自己最多となるリーグ戦32試合に出場・4得点、10アシストを記録。アシスト数はリーガ6位となっています。

代表の歴代背番号を調査

まだ、A代表には選出されていませんが、U18、U19、U20と各カテゴリーで選出されており、2019年にポーランドで開催されましたU-20ワールドカップでは背番号10を付けて出場していました。(ベスト16)

近い将来必ず、A代表に招集されますね。

スポンサーリンク

年俸推移も気になる

2017年からの年俸推移を示しています。

★2017年 約750万円

★2018年 約4700万円

★2019年 約7900万円

★2020年 約2.5億円

★2021年 約2.7億円

今でも凄いですが、これからビッグクラブへ移籍することになれば、さらに年俸も跳ね上がるでしょう。

私なりのまとめ

レバークーゼンでの活躍からわかるとおり、いつプレミア勢に引き抜かれてもおかしくないと言われています。

これからムシアラ選手の市場価値が、どこまで大きくなっていくのか注目ですね。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

【関連記事はこちら】

フロリアンヴィルツ 歴代の背番号を調査!プレースタイルについても気になる

【年代別】レバークーゼン 歴代メンバー 一覧|背番号付きで紹介

【年代別】パリサンジェルマン 歴代メンバー 一覧|背番号付きで紹介

マルクステュラム 歴代の背番号を調査!父親の現在についても気になる

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする