ピックフォード 歴代の背番号を調査!プレースタイルや年俸について

こんにちは、絶対的な守護神として多くのファンから支持されていますジョーダン ピックフォード選手。

劇的なプレミア残留にはピックフォード選手の存在が大きく締めていたと思います。

今回はそんな、ピックフォード選手についてまとめてみました。

スポンサーリンク

プロフィール

生年月日:1994年3月7日

本名:ジョーダン・リー・ピックフォード

出身地:イングランド・シティ・オブ・サンダーランド・ワシントン

身長:185cm

体重:77kg

ポジション:GK

利き足:左足

【プレースタイル】

  • 驚異的な反射神経と跳躍力で至近距離からのシュートに滅法強い。
  • 読みが鋭くPKが得意。
  • 足下の技術が非常に高く、前線のターゲットにピタリと納まる正確なフィード。
  • 熱のこもったコーチングで味方を鼓舞。

歴代の背番号を調査!

8歳でサンダーランドの下部組織に入団し、2011年にトップチームに昇格。

しかし出場機会を得ることができず2012年から2015年まで、下部リーグを含めた6つのクラブで武者修行(レンタル移籍)をすることになります。

24番(ダーリントン:2012)

2012年1月、5部のダーリントンへレンタル移籍となります。

加入してすぐのフリートウッド戦でデビューを果たし1-0の勝利に貢献。

そのままレギュラーに定着し17試合に出場するもチームは2011-12シーズン途中、2012年1月3日に2度目となる経営破産に伴いクラブは解散。

新規クラブチームとしてダーリントン1883に経営を移行し、2012-13シーズンからは9部リーグに所属することになりました。

ジョーダンピックフォードがダーリントンでヘイズ&イェーディングと対戦し、ヘイズが素晴らしい試合で3-2で勝利したのを覚えておいてください。試合を楽しみにして、イングランドに来てください

・2012 リーグ戦 17試合・0得点

スポンサーリンク

22番(アルフレトン:2013)

2013年2月、また5部に所属しますアルフレトンへ移籍。

加入した翌日、負傷したフィルバーンズ選手の代わりでデビューをし、ハイドユナイテッドに5-1の勝利に貢献。

そのままレギュラーに定着すると、当初は1ヶ月のレンタル期間でしたが、シーズン終了まで契約を延長させ12試合に出場、5試合のクリーンシート(無失点)を記録しました。

BBCスポーツ> >アルフレトンタウンがサンダーランドのキーパー、ジョーダンピックフォードにサイン

・2013 リーグ戦 12試合・0得点

スポンサーリンク

1番(バートン:2013-2014)

2013年8月、レベルアップのため4部のバートンに移籍します。

翌日のチェルトナム戦で早速デビューしレギュラーとして活躍しますが、2回にわたってサンダーランドから呼び戻される時期があり、後半はベンチ要員となるなど不安定なシーズンを送ることになりました。

・2013-14 リーグ戦 12試合・0得点

スポンサーリンク

18番(カーライル:2014)

2014年2月、3部のカーライルユナイテッドへ移籍。

チームが降格争いを演じる中、守護神として迎えられ残留に向けて孤軍奮闘するも22位で終わり、4部への降格が決定してしました。

・2014 リーグ戦 18試合・0得点

スポンサーリンク

1番(ブラッドフォード:2014-2015)

2014年7月、3部のブラッドフォードへ移籍します。

8月のコベントリーシティ戦でデビューし3-2の勝利に貢献するとレギュラーに定着。

安定したプレーをみせますが、2015年1月のロッチデール戦(1-2敗戦)初の退場を経験。チームからは主審に抗議しなかった事で1試合の出場停止を課せられました。

ジョーダンピックフォード。ウェアサイドで生まれ、ブラッドフォード製

・2014-15 リーグ戦 33試合・0得点

スポンサーリンク

1番(プレストン:2015)

2015年7月、チャンピオンシップ(2部)のプレストンに加入。

昇格初年度の目玉として迎えられドルスブラ戦(0–0引き分け)でデビューを果たすと、ミルトンキーンズドンズ戦(1-0勝利)、ロザラムユナイテッド戦(0-0引き分け)と8月に行わました3試合全てでクリーンシートを達成。

11月のQPR戦(0-0引き分け)までの6試合連続のクリーンシートを記録。

クラブ新記録を樹立すると、チームメイトであるベテランのクリスカークランド選手から「素晴らしいです!誰も彼のようにボールを蹴るのを見たことがありません。」と称賛されます。

その後も不動のレギュラーとして24試合に出場、11位でチャンピオンシップ残留に貢献しました。

取引完了:プレストン・ノースエンドは、サンダーランドのゴールキーパー、ジョーダン・ピックフォードとシーズンロングローンで契約しました。

・2015-16 リーグ戦 24試合・0得点

スポンサーリンク

13番(サンダーランド:2015-2017)

2016年に一時的にサンダーランドに呼び戻され、1月のトッテナム戦でプレミアデビューを果たしますが、チームは1-4で敗戦。

その後1試合に出場しますが、再びプレストンへ。

本格的な復帰となりました2016-17シーズン、当初はヴィトマンノーネ選手の控えとして捉えられていましたが、徐々に出場機会を増やし、低迷していたチームでビッグセーブを連発。

最終的にはディビッドモイーズ監督の信頼を得てレギュラーを勝ち取り29試合に出場します。

2017年4月にはPFA年間最優秀若手選手賞の最終候補6人に選ばれなど、チームは最下位(20位)で降格となりましたが、自身は好プレーを連発し評価を高めました。

@PFA年間最優秀若手選手のノミネートに大きなおめでとう@JPickford1

当然です!

  • 2016 リーグ戦 2試合・0得点
  • 2016-17 リーグ戦 29試合・0得点

スポンサーリンク

1番(エバートン:2017-)

2017年6月にエバートンへ完全移籍します。(5年契約)

移籍金はイングランドキーパー史上最高額の3000万ポンド(ボーナス込)で、当時のゴールキーパー史上3番目の金額は大きな話題となりました。

底知れないポテンシャルに期待しての獲得に応える形で、2017-18シーズンはリーグ戦全試合に出場。

ロシアワールドカップではスリーライオンズの守護神として活躍し挑んだ2018-19シーズン、しかし周囲の期待とは裏腹に、12月のリバプール戦では致命的なミスで(0-1)敗れるなど、集中力を欠く場面も多く批判の対象となります。

続く2019-20シーズンもいくつかの不用意な凡ミスが目立ち、指揮官(当時)のアンチェロッティ監督からも、「彼は調子が悪い。常に自分自身のパフォーマンスを見つめ直さないといけない。彼にも改善の必要を訴えた」と苦言を呈されることも。

2020-21シーズンには、度重なる凡ミスに続き、12月に行われましたリバプール戦ではファンダイク選手に(右膝)重症を負わせるなど、スランプに陥ったのではという数多くの声が聞こえてきました。

2021-22シーズン、新指揮官にラファエルベニテス監督を迎えますが、10月から黒星が先行するなど、チームを立て直せず降格ゾーンが見えてきた年明けに解任。

ランパード新監督が就任しますがチームは低迷。初の降格が現実味を帯びてきた状態でビッグセーブを連発させチームを鼓舞します。

そして迎えた最終戦・クリスタルパレスを3-2で制し、劇的な残留を決めた立役者となりました。

  • 2017-18 リーグ戦 38試合・0得点
  • 2018-19 リーグ戦 38試合・0得点
  • 2019-20 リーグ戦 38試合・0得点
  • 2020-21 リーグ戦 31試合・0得点
  • 2021-22 リーグ戦 35試合・0得点

スポンサーリンク

代表の歴代背番号を調査

各カテゴリー(U16 U17 U18 U19 U20 U21)のイングランド代表で活躍。

1番

★2017年11月に行われまし親善試合・ドイツ戦(0-0引き分け)でA代表デビューを果たし、王者ドイツを無失点に抑えました。

★「2018 ロシアワールドカップ」ではグループリーグ初戦から正GKとして出場。ベスト4進出に貢献し、準決勝のMOMにも選ばれます。

★「EURO 2020」スリーライオンズの守護神として7試合に出場。準優勝に導く活躍をみせました。

★「2022 カタールワールドカップ欧州予選」7大会連続16度目の本大会出場に大きく貢献しました。

スポンサーリンク

年俸(推定)について

2014年からの年俸推移を示しています。

・2014年 約1800万円

・2015年 約3500万円

・2016年 約1.7億円

・2017年 約1.7億円

・2018年 約5.1億円

・2019年 約10.2億円

・2020年 約10.2億円

・2021年 約9.3億円

・2022年 約9.3億円

私なりのまとめ

降格危機から救うことができた今、ワールドカップを迎え、これからどのように進化していくのか、今後の活躍に注目ですね。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

【関連記事はこちら】

アンソニーゴードン 歴代の背番号を調査!プレースタイルや年俸について

【年代別】エバートン 歴代メンバー 一覧|背番号付きで紹介

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする