インシーニェ 歴代の背番号を調査!年俸や兄弟についても気になる

こんにちは、ナポリのアイドルとして絶大な支持を得ていますロレンツォインシーニェ選手。

絶妙なアシストで勝利につなげるプレーは、今やイタリア代表にとっても無くてはならない存在となっています。

今回はそんなインシーニェ選手についてまとめてみました。

スポンサーリンク

プロフィール

生年月日:1991年6月4日

出身地:イタリア・ナポリ県フラッタマッジョーレ出身

身長:163cm

体重:58kg

ポジション:FW・MF

利き足:右足

【プレースタイル】

  • スピードに乗った鋭いドリブル。
  • 相手の裏をかく柔らかいキラーパス。
  • 正確無比なフリーキックと抜群の決定力。
  • なかなか倒れない強靭なフィジカル。
  • 広範囲をスピーディーに動き回れる無尽蔵のスタミナ。

歴代の背番号を調査!

2006年にナポリの下部組織に入団。アッリエービ(U-17)、プリマベーラ(U-19)と順調にステップアップし、2009-10シーズンにトップチームに昇格。

2010年1月、リヴォルノ戦でセリエAデビュー(18歳)を果たしました。

11番(カヴェーセ:2009-2010)

しかしそのわずか数週間後には、SSカヴェーセ(3部)へレンタル移籍となりました。

冬の移籍については、カヴェーセにとっても十分メリットがあると考え、インシーニェ選手を信頼していたにもかかわらず、カヴェーゼに素晴らしい記憶を残さず、10試合の出場・0ゴールに終わりしました。

2009/10シーズン、InsigneはイタリアのLegaProチームのCaveseに1シーズン貸し出されました。

11番(フォッジャ:2010-11)

2010-11シーズンもフォッジャ(3部)にレンタル移籍となりました。

4-3-3の攻撃サッカーの権化であり、古くはジュゼッペシニョーリ選手、フランチェスコトッティ選手、ミルコヴチニッチ選手、といった数多くのアタッカーを育ててきたマエストロでもあるズデネクゼーマン監督の指揮のもと、3トップの左ウイングとしての動きとタイミングを徹底的に仕込まれ、33試合で19得点を挙げて大きな注目を集めました。

フォッジャと一緒に、インシーネは33回登場すると信頼されていました。彼はまた、なんとか19ゴールを決めました。

11番(ペスカーラ:2011-2012)

続く2011-12シーズンもゼーマンに従う形でセリエB(2部)のペスカーラにレンタル移籍しました。

37試合で18得点・14アシストという大活躍を見せ、インモービレ選手、マルコヴェッラッティ選手とともにセリエA昇格に大きな貢献をしました。

スポンサーリンク

24番(ナポリ:2012-)

ペスカーラでの活躍が評価され念願の復帰を果たしました。

復帰1年目から37試合に出場・5得点と活躍をみせ、リーグ2位へと躍進のキーマンとなりました。

★ 2013-14シーズンからは、モダンな4-2-3-1が基本戦術の左サイドのレギュラーとして36試合に出場・3得点の活躍を見せました。

★ 2014-15シーズン、唯一の生え抜きアイドルとして活躍を見せていましたが、コンディションの不調もあり、リーグ戦20試合に出場、2得点に留まります。

その影響もあってか、インテルミラノやアーセナルといった移籍報道が過熱しました。

★ 2015-16シーズンは名将・マウリツィオサッリ監督を新指揮官に迎え、残留を決意。

リーグ戦37試合に出場、12ゴール、10アシストと大活躍をみせ、クラブ史上最多勝点82・リーグ2位の好成績に貢献しました。

★ 2016-17シーズン、得意のアシストに加え得点力の向上が目覚ましく37試合に出場、18得点を記録しました。

また左サイドだけではなく、トップ下というポジションでの新境地を開拓しました。

★ 2017-18シーズンも不動のレギュラーとしてリーグ戦37試合に出場・8得点を決め、スクデット奪還の最大のキープレーヤーとして注目されました。

★ 2018-19シーズン、新指揮官となる名将・アンチェロッティ監督のもと2019年2月には、マレクハムシク選手の退団によりチームの新キャプテンに就任。

ナポリっ子の声援を一身に受け、28試合に出場・10得点と2年連続リーグ2位に貢献しました。

★ 2019-20シーズン、主将として不可欠な存在となり、イタリア杯優勝の立役者となりました。

リーグ戦では37試合に出場・8得点を記録。

★ 2020-21シーズン、ベネヴェント戦では、弟ロベルト選手と兄弟対決が実現、揃ってゴールを決め大きな話題となりました。

リーグ戦では35試合に出場・19得点を記録しています。

スポンサーリンク

代表の歴代背番号を調査

17番

2012年9月に行われました2014年W杯予選のマルタ戦でA代表デビューを飾りました。

25番

2013年8月に行われましたアルゼンチンとの親善試合で代表初得点を挙げました。

20番

「EURO 2016」本大会のメンバーに招集され出場。準々決勝のドイツ戦ではPK戦の1番手キッカーとして成功しています。(6-5で敗退)

10番

2017年からは10番を任され、2018ロシアワールドカップ出場は逃すも、「EURO2020」では予選からチームを牽引。

本大会出場のキーマンとなり、イタリアを優勝候補に導く活躍をしています。

スポンサーリンク

年俸推移について

2014年からの年俸推移です。

● 2014年 約1億6000万円

● 2015年 約2億2500万円

● 2016年 約2億1700万円

● 2017年 約4億4000万円

● 2018年 約9億1600万円

● 2019年 約11億8000万円

● 2020年 約11億3300万円

● 2021年 約12億5400万円

7年で年俸が約12倍!!!!凄すぎます・・・。

兄弟も気になる

父親が元アマチュアのサッカー選手、4人兄弟全員がサッカー選手になるというサッカー一家でした。

特に三男のロベルトインシーニェ選手もナポリの下部組織出身で、現在はベネヴェントでプレーしています。

出典元:www.zimbio.com

ロベルト インシーニェ選手のプロフィール

生年月日:1994年5月11日

身長:172cm

体重:65kg

ポジション:FW・MF

背番号:19

タフな選手として有名で、2019-20シーズン(セリエB)ではGKを除くチーム最多の35試合に出場し8得点を決め、圧倒的な強さでセリエAの昇格に貢献しました。

兄との対決で話題となりましたナポリ戦でもゴールを決めています。

私なりのまとめ

これから円熟期を迎え、どこまでイタリアサッカー界を牽引していくのか、今後の活躍に注目ですね。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

【関連記事はこちら】

【年代別】ナポリ 歴代メンバー 一覧|背番号付きで紹介

ロカテッリ 歴代の背番号を調査!プレースタイルや年俸推移も気になる

ジョルジーニョ 歴代の背番号を調査!年俸推移も気になる

バストーニ 歴代の背番号を調査!プレースタイルや年俸推移についても

キエーザ 歴代の背番号を調査!プレースタイルや父親についても気になる

インモービレ 歴代の背番号を調査!ドルトムントとセビージャで挫折した理由についても

サンドロトナーリ 歴代の背番号を調査!プレースタイルや年俸についても

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする