長谷部誠 歴代の背番号を調査!年俸推移も気になる

こんにちは、ブンデスリーガ最年長選手として今や伝説になりつつあります長谷部誠選手。

ヨーロッパリーグ(EL)優勝を支えたプレーは、称賛の一言に尽きますね。

今回はそんな、長谷部選手についてまとめてみました。

スポンサーリンク

【朗報】「FIFAワールドカップ カタール2022」全試合無料生中継されます。

スマホ・タブレット・PC・テレビ・Nintendo Switchに対応しており、アプリをインストール、またはサイトへアクセスするだけで、誰でも無料で楽しむことができます。

さらにプレミアリーグ・開幕から114試合の配信が決定しました!

ビッグマッチや冨安健洋選手所属のアーセナル、三笘薫選手所属のブライトンの注目試合など、114試合が配信(予定)されます。

そして、アーセナルの試合については全試合無料で生中継(予定)となっています。

↓↓↓詳しくはコチラをクリック↓↓↓

プロフィール

愛称:ハセ、マコ

生年月日:1984年1月18日

出身地:静岡県藤枝市

身長:180cm

体重:72kg

ポジション:MF / DF

利き足:右足

【プレースタイル】

  • 卓越した献身性・バランス感覚・統率力を兼ね備えている
  • 豊富な運動量を誇り、的確なパスで味方を輝かせる中盤のオーガナイザー
  • トップ下、ボランチ、右サイドバック、センターバック(リベロ)と優れたユーティリティ性
  • 常に冷静な判断が出来て、高い危機察知能力を活かしたカバーリングはリーグトップレベル
  • 戦術理解度、規律を守る遂行力が非常に高い

歴代の背番号を調査!

32番→17番(浦和レッズ:2002→2003-2007)

3歳からサッカーを始め藤枝東高校を卒業後、2002年に浦和レッズに入団します。

入団早々、ハンスオフト監督(当時)は長谷部選手の才能をいち早く見抜いて、ルーキーイヤーからリーグ戦に全試合帯同(あくまでも控えの控えの扱い)させました。

2002年5月のヤマザキナビスコカップ・名古屋グランパス戦(1-5敗戦)でトップチームデビューを果たしました。

2003シーズン、初戦のヤマザキナビスコカップ・ジュビロ磐田戦で先発出場を飾りましたが、2枚のイエローカードで初の退場処分となりチームも0-2で敗戦。

「オフトに言われましたよ。『お前には失望した』って。その時はこれで『ああ、もう、おれのサッカー人生終わったなぁ』って思いました(笑)。それでもオフトは、このあともずっと僕をスタメンで起用してくれたんですよね。」

しかし、エジムンド選手の退団や山瀬選手の離脱(怪我)もあり、トップ下やボランチとして出場機会を増やすと、ヤマザキナビスコカップの頂点まで駆け上がり、待望の初タイトル獲得に大きく貢献しました。

2004シーズンには当初、トップ下で起用されていましたが、中盤以降は鈴木啓太選手とのダブルボランチを形成し、悲願の2ndステージ優勝を支えました。

初の年間優勝を逃しましたが、1st・2ndステージを合わせたリーグ戦年間総合成績では初めて1位となり、長谷部選手自身もナビスコカップ・ニューヒーロー賞、Jリーグ・ベストイレブンに選出されました。

以降は鈴木選手とともに、浦和レッズ最強ボランチとして欠くことの出来ない選手となります。

  • Jリーグ発足後初の天皇杯優勝(2005年)
  • 「FUJI XEROX SUPER CUP」(2006年)
  • 初のJリーグ優勝(2006年)
  • 天皇杯連覇(2006年)
  • 大会史上初のAFCチャンピオンズリーグ無敗優勝(2007年)

など数々のタイトル獲得に貢献しました。

  • 2002 リーグ戦 0試合・0得点
  • 2003 リーグ戦 28試合・2得点
  • 2004 リーグ戦 27試合・5得点
  • 2005 リーグ戦 31試合・2得点
  • 2006 リーグ戦 32試合・2得点
  • 2007 リーグ戦 31試合・1得点

スポンサーリンク

13番(ヴォルフスブルク:2008-2013)

王者・バイエルンやイタリアのシエナなどからのオファーがある中、2008年1月にヴォルフスブルクへ完全移籍となります。

2月に行われましたビーレフェルト戦でボランチとしてブンデスデビュー(後半途中)を果たし1-0の勝利に貢献。

マガト監督(当時)からは「最後はいいプレーを見せてくれた」と一定の評価を得ました。

2008-09シーズンは優れた状況判断とチームプレーに徹する献身性に磨きをかけ、本職のボランチに加えて右サイドバックやサイドハーフで出場機会をつかみ、当時所属していた大久保嘉人らとともに31年ぶりのブンデスリーガ優勝を達成させました。

2009-10シーズンにはアルミンフェー新監督が就任し、当初はカリムジアニ選手の控えと捉えられていましたが、激しいレギュラー争いを勝ち取り、日本人選手として5人目のUEFAチャンピオンズリーグ出場を果たしました。(グループリーグ6試合全て出場)

2010-11シーズンはマクラーレン監督の下でダブルボランチの一角を確保しますが、チームが低迷。

マガト監督の復帰で右サイドバックで起用され1部残留に成功します。

以降はトップ下や右サイドハーフ、右サイドバックと、ボランチでの起用が少なく移籍を志願したことからマガト監督の構想から外れてしまいました。(最終的にはマガト監督が解任され右サイドハーフで先発起用されます)

2007年から2013年まで、長谷部はヴォルフスブルクで158試合をプレーしました。彼は2009年にタイトルを獲得したチームの重要な部分でした

  • 2007-08 リーグ戦 16試合・1得点
  • 2008-09 リーグ戦 25試合・0得点
  • 2009-10 リーグ戦 24試合・1得点
  • 2010ー11 リーグ戦 23試合・0得点
  • 2011-12 リーグ戦 23試合・1得点
  • 2012-13 リーグ戦 23試合・2得点

スポンサーリンク

15番(ニュルンベルク:2013-2014)

再びボランチでの出場を求めて2013年9月、ニュルンベルクへ移籍します。

深刻な得点力不足で不振に喘いでいたチームは、浮上のきっかけとして長谷部選手に大きな期待をかけましたが、ビージンガー監督(当時)の戦術にフィットせず、ブンデスリーガ史上初の前半戦未勝利に終わってしまいます。

さらにシーズン後半にはヒザを痛めて戦列を離脱、最終節に復帰するも17位で2部降格が決定してしまいました。

・2013-14 リーグ戦 14試合・0得点

スポンサーリンク

20番(フランクフルト:2014-)

2014年6月、フランクフルトへ完全移籍。(2年契約)

ブレーメン時代にエジル選手やジエゴ選手らを指導したトーマスシャーフ新監督の指揮のもと、ボランチとしてチーム最多、自身としてもブンデスリーガ移籍後では最多となるリーグ戦33試合に出場しました。

ボランチとして3シーズンで不動の地位を築きますが、2016年からはニココバチ監督(当時)指揮のもと、リベロとして新境地を開拓します。

戦術理解度が求められるそのポジションをこなせる希少な選手として評価を集めています。

  • 2017-18シーズンには30年ぶりのDFB杯優勝
  • 専門誌「キッカー」で2018-19ベストイレブンに選出
  • 2020-21シーズンにはパス成功率91%と驚異的な数字を記録
  • 42年ぶりのヨーロッパリーグ優勝(2022年5月)

など、チームにとって欠かすことのできない存在となっています。

  • 2014-15 リーグ戦 33試合・0得点
  • 2015-16 リーグ戦 32試合・1得点
  • 2016-17 リーグ戦 22試合・1得点
  • 2017-18 リーグ戦 24試合・0得点
  • 2018-19 リーグ戦 28試合・0得点
  • 2019-20 リーグ戦 23試合・0得点
  • 2020-21 リーグ戦 29試合・0得点
  • 2021-22 リーグ戦 18試合・0得点

スポンサーリンク

代表の歴代背番号を調査

17番

2006年2月に行われました親善試合・アメリカ戦(2-3敗戦)でA代表デビューを果たしました。

「2010 南アフリカワールドカップ(ベスト16)」チームキャプテンに指名され、グループリーグ3試合、決勝トーナメント1回戦に先発出場し、日本代表のベスト16入りに貢献しました。

以降は日本代表のキャプテンとして「2014 ブラジルワールドカップ(グループリーグ敗退)」全3試合スタメンで出場。

「2018 ロシアワールドカップ(ベスト16)」グループリーグ3試合、決勝トーナメント1回戦に出場。そしてこの大会限りでの代表引退を表明しました。

スポンサーリンク

年俸(推定)について

以下のような年俸推移を示しています。

2002年 約370万円

2003年 約400万円

2004年 約1000万円

2005年 約1500万円

2006年 約2500万円

2007年 約3600万円

2008年 約8000万円

2009年 約9000万円

2010年 約1.1億円

2011年 約1.2億円

2012年 約3億円

2013年 約2億円

2014年 約1.4億円

2015年 約1.2億円

2016年 約1.1億円

2017年 約1.4億円

2018年 約1.5億円

2019年 約1.5億円

2020年 約1.4億円

2021年 約1.6億円

2022年 約1.4億円

【朗報】「FIFAワールドカップ カタール2022」全試合無料生中継されます。

スマホ・タブレット・PC・テレビ・Nintendo Switchに対応しており、アプリをインストール、またはサイトへアクセスするだけで、誰でも無料で楽しむことができます。

さらにプレミアリーグ・開幕から114試合の配信が決定しました!

ビッグマッチや冨安健洋選手所属のアーセナル、三笘薫選手所属のブライトンの注目試合など、114試合が配信(予定)されます。

そして、アーセナルの試合については全試合無料で生中継(予定)となっています。

↓↓↓詳しくはコチラをクリック↓↓↓

私なりのまとめ

新たに2027年までの契約延長を行っており、選手としてコーチングスタッフとしてのこれからの活躍に注目ですね。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

【関連記事はこちら】

三笘薫 歴代の背番号を調査!プレースタイルや年俸についても

堂安律 歴代の背番号を調査!年俸推移も気になる

伊藤洋輝 歴代の背番号を調査!プレースタイルや年俸について

鎌田大地 歴代の背番号を調査!年俸推移も気になる

南野拓実 歴代の背番号を調査!年俸推移も気になる

板倉滉 歴代の背番号を調査!年俸やポジションについても

【年代別】フランクフルト 歴代メンバー 一覧|背番号付きで紹介

【年代別】ヴォルフスブルク 歴代メンバー 一覧|背番号付きで紹介

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする