南野拓実 歴代の背番号を調査!年俸推移も気になる

こんにちは、カタールワールドカップ出場メンバーに招集された日本の10番・南野拓実選手。

ただ最近は不調で、ワールドカップで活躍ができるのか疑問の声が聞かれていますね。

今回はそんな、南野拓実選手についてまとめてみました。

スポンサーリンク

プロフィール

愛称:タキ

生年月日:1995年1月16日

出身地:大阪府泉佐野市

身長:174cm

体重:67kg

ポジション:FW / MF

利き足:右足

【プレースタイル】

  • 世界最高峰のボールを止める技術でワンタッチプレーやボレーシュートが得意。
  • 状況判断が非常に早く、ドリブルとパスの的確な使い分けで崩しのいとぐちを開き、強烈なシュートでゴールを奪う。
  • 神出鬼没の動きでマーカーを幻惑させ、ディフェンスラインと中盤の間でボールを引き出す動きや裏への抜け出しは俊悦。
  • ゴール前では常に冷静で味方への絶妙なパスで決定的なシーンを数多く演出。
  • 守備意識が非常に高く、90分間休まずに前線からチェイスできる。

【朗報】「FIFAワールドカップ カタール2022」全試合(64試合)無料生中継されます。

スマホ・タブレット・PC・テレビ・Nintendo Switchに対応しており、アプリをインストール、またはサイトへアクセスするだけで、誰でも無料で楽しむことができます。

さらにプレミアリーグ・開幕から114試合の配信が決定しました!

ビッグマッチや冨安健洋選手所属のアーセナル、三笘薫選手所属のブライトンの注目試合など、114試合が配信(予定)されます。

そして、アーセナルの試合については全試合無料で生中継(予定)となっています。

↓↓↓詳しくはコチラをクリック↓↓↓

6月19日天心武尊戦のロゴ修正

歴代の背番号を調査!

3歳年上の兄の影響でサッカーをはじめ、中学に上がる時にセレッソ大阪のジュニアユース入団。

  • 2009年、第24回日本クラブユースサッカー選手権(U-15)大会・得点王(8得点)
  • 2010年、高円宮杯 JFA U-18サッカープリンスリーグ関西・優勝
  • 2011年、第19回Jリーグユース選手権大会・得点王(13得点)

セレッソ大阪ユースで輝かしい実績を残しました。

34番→13番(セレッソ大阪:2012→2013-2014)

2012年にトップチームに昇格。Jリーグ公式戦出場可能なユース選手(2種)として登録されました。

2012年11月の大宮アルディヤ(1-3敗戦)でJリーグデビュー、シーズン最終節の川崎フロンターレ戦で(2-2引き分け)先発フル出場を果たしました。

また、12月の天皇杯4回戦・清水エスパルス戦で初ゴールを決め4-0の勝利に貢献しました。

2013年からは背番号13番となり、開幕戦のアルビレックス新潟戦(1-0勝利)で、高卒ルーキーとしてはクラブ史上初の開幕スタメン入りを果たしました。

また、7月に行われましたジュビロ磐田戦(2-2引き分け)でリーグ戦初得点を記録し、大久保嘉人選手が保持していたクラブのJ1リーグ戦最年少得点記録(18歳10ヶ月5日)を更新。

ルーキーイヤーながらチームの主力としてリーグ戦出場29試合5得点(カップ戦を含め38試合8得点)という結果を残し、Jリーグベストヤングプレーヤー賞を受賞しました。

しかし2014年は開幕からチームは低迷。(17位・2部降格)

度重なる監督交代により戦術理解が迷走してしまい南野選手のウィークポイントが消えリーグ戦2得点に留まったほか、シーズン中に2度の一発退場処分を受けるなど不本意な成績に終わってしまいます。

  • 2012 リーグ戦 3試合・0得点
  • 2013 リーグ戦 29試合・5得点
  • 2014 リーグ戦 30試合・2得点

スポンサーリンク

18番(レッドブル ザルツブルク:2015-2019)

2015年1月には欧州挑戦を決意し、レッドブル ザルツブルクへ移籍。

2月のウィーナー ノイシュタット戦(2-0勝利)で右MFとして先発デビューを果たすと、3月に行われましたアドミラ ヴァッカー メードリング戦(4-1勝利)で2ゴールを決め、移籍後リーグ初ゴールをマーク。

途中内転筋を痛め離脱しますが、リーグ戦14試合に出場・3得点を記録しリーグ優勝に貢献。

2015-16シーズンは堅実なサッカーを志向するオスカールガルシア新監督の指揮のもと、自身最多出場となる32試合・10得点と2桁得点を記録。3年連続となるチームに2冠達成を支えました。

2016-17シーズンも不動のレギュラーとして21試合・11得点と2年連続2桁得点を記録しチームの4連覇。2017-18シーズンには28試合・7得点、2018-19シーズンは27試合・6得点とチームの6連覇達成に大きく貢献。

2019-20シーズンは開幕から4試合で3得点と好調をアピールするなど、チームの7連覇へ導く活躍をみせ、また、初めてチャンピオンズリーグの舞台に立ち、前年王者リヴァプール戦で鮮烈なボレーを決め、世界中の注目を集めました。

  • 2014-15 リーグ戦 14試合・3得点
  • 2015-16 リーグ戦 32試合・10得点
  • 2016-17 リーグ戦 21試合・11得点
  • 2017-18 リーグ戦 28試合・7得点
  • 2018-19 リーグ戦 27試合・6得点
  • 2019-20 リーグ戦 14試合・5得点

スポンサーリンク

18番(リバプール:2020-2022)

チャンピオンズリーグでの活躍が評価され、2020年1月に入団。(移籍金725万ポンド・契約期間4年半)

1月のFAカップ3回戦のエバートン戦でチームデビュー、ウォルバーハンプトン戦でプレミアリーグデビューを果たしますが、すぐにリーグが中断するなど消化不良なシーズンを送ります。

しかしリバプールは30年ぶりのリーグ優勝を果たし、日本人4人目のプレミアリーグ優勝経験者となりました。

2020-21シーズンもマネ選手やサラー選手、フィルミーノ選手の牙城を崩すことが出来ず、さらにはディオゴジョタ選手らの加入により控えの立場は変わらない状況が続きます。

ですが!!!

  • リーグカップ3試合連続得点。
  • カラバオ カップ5試合出場4得点1アシストで10シーズンぶりの優勝に貢献。
  • FAカップでは4試合出場3得点で16シーズンぶりの優勝に貢献。

と「ファンが選ぶFA杯ベストイレブン」に選出されるなど戦力として評価を得ていました。

2021年2月、出場機会を得るためにサウサンプトンへシーズン終了までのレンタル移籍を行い、2021-22シーズンに復帰しますが、ジョタ選手やチェンバレン選手の好調によりリーグ戦での出場はさらに激減。

それでも試合に出場したら得点を決め、FAカップ・リーグカップの2冠達成に導く活躍で躍動。チームメイトや監督、多くのファンから称賛されていました。

  • 2019-20 リーグ戦 10試合・0得点
  • 2020-21 リーグ戦 9試合・1得点
  • 2021-22 リーグ戦 11試合・3得点

2022年6月14日にはリバプール退団秒読み…なんて報道が出ていました。

スポンサーリンク

19番(サウサンプトン:2021)

出場機会を求めて2021年2月にレンタルで加入。(シーズン終了まで)

降格争いを演じていたチームの救世主として迎えられ、加入当初からレギュラーに定着。

前線からハイプレスを主体とするキーマンとしてハーゼンヒュットル監督の信頼を得て10試合出場、2得点を決め残留(15位)に大きく貢献。

チームからレンタル期間延長を希望されますが、2021-22シーズンにはリバプールに復帰します。

・2021 リーグ戦 10試合・2得点

18番(ASモナコ:2022-)

2022年6月に移籍金は約25億8000万円で入団。(4年契約)

そしてザルツブルク・リバプールで着用していました背番号”18”に決定しました。

スポンサーリンク

代表の歴代背番号を調査

各カテゴリー(U17 U20 U23)の日本代表として活躍。

18番

2015年10月に行われました親善試合・イラン戦(1-1引き分け)でA代表デビューを果たしました。

8番

2018年9月に行われました「キリンチャレンジカップ」コスタリカ戦で代表初ゴールを決め3-0の勝利に貢献。

9番

続く「キリンチャレンジカップ」パナマ戦(3-0勝利)・ウルグアイ戦(4-3勝利)と3戦連発を記録し大きな話題となりました。

そして不動のレギュラーとして「AFCアジアカップ2019(準優勝)」出場。

10番

「2022 カタールワールドカップアジア予選」日本を背負う10番として7大会連続7回目の本大会出場に大きく貢献。

★「2022 カタールワールドカップ」本大会出場の日本代表に選出されました。

スポンサーリンク

年俸(推定)について

2013年からの年俸推移を示しています。

・2013年 約360万円

・2014年 約1000万円

・2015年 約5700万円

・2016年 約3900万円

・2017年 約4800万円

・2018年 約3.1億円

・2019年 約2.4億円

・2020年 約6.2億円

・2021年 約6.2億円

・2022年 約6.2億円

・2023年 約6.4億円

【朗報】「FIFAワールドカップ カタール2022」全試合(64試合)無料生中継されます。

スマホ・タブレット・PC・テレビ・Nintendo Switchに対応しており、アプリをインストール、またはサイトへアクセスするだけで、誰でも無料で楽しむことができます。

さらにプレミアリーグ・開幕から114試合の配信が決定しました!

ビッグマッチや冨安健洋選手所属のアーセナル、三笘薫選手所属のブライトンの注目試合など、114試合が配信(予定)されます。

そして、アーセナルの試合については全試合無料で生中継(予定)となっています。

↓↓↓詳しくはコチラをクリック↓↓↓

6月19日天心武尊戦のロゴ修正

私なりのまとめ

背番号も決まりASモナコでどのような起用をされるか気になるところですが、これからの活躍に注目ですね。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

【関連記事はこちら】

三笘薫 歴代の背番号を調査!プレースタイルや年俸についても

堂安律 歴代の背番号を調査!年俸推移も気になる

鎌田大地 歴代の背番号を調査!年俸推移も気になる

板倉滉 歴代の背番号を調査!年俸やポジションについても

伊藤洋輝 歴代の背番号を調査!プレースタイルや年俸について

長谷部誠 歴代の背番号を調査!年俸推移も気になる

【年代別】リバプール 歴代メンバー 一覧|背番号付きで紹介

【サッカー】ASモナコ 2017年メンバー!各国代表歴など顔写真付きで紹介

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする