プレミアリーグ 審判一覧!リーグを代表する10名を紹介

こんにちは、激闘のリーグ戦で勝敗をわけるポイントの1つとして審判の存在があります。

冷静な判断や的確なレフェリングによって多くの名勝負を演出する審判もいれば、あやふやな判定や一方的な判定によって試合結果をネガティブな方向へ導いてしまう審判もいます。

なので多くのファンやチーム関係者は、試合の度に「審判はだれ?」なのかナーバスになることでしょう。

今回は、現在リーグ戦で活躍しています10人の審判についてまとめてみました。

スポンサーリンク

プレミア主要審判10人とは?

マーティン・アトキンソン

出典元:ja.wikipedia.org

★国際舞台の経験が多くユーロやELなどを担当。昨シーズンはアーセナル戦の担当が多く、ガーナーズの警告数増加の原因と揶揄されていました。

生年月日:1971年3月31日

出身地:ドライリントン

1部デビュー:2004-05

2019-20実績:32試合

  • 警告:94
  • 警告→退場:0
  • 一発退場:5

マイク・ディーン

出典元:en.wikipedia.org

★カードが多いことで知られているベテラン審判です。今でいいます炎上系審判といったところでしょうか。

生年月日:1968年7月2日

出身地:ウィラル

1部デビュー:2000-01

2019-20実績:27試合

  • 警告:116
  • 警告→退場:4
  • 一発退場:0

スポンサーリンク

ケビン・フレンド

出典元:en.wikipedia.org

★しばしば独善的なレフェリングが物議を醸すプレミア名物審判のひとりです。

生年月日:1971年7月8日

出身地:ブリストル

1部デビュー:2009-10

2019-20実績:25試合

  • 警告:74
  • 警告→退場:1
  • 一発退場:4

クリス・カバナー

出典元:zimbio.com

★細かい接触などを見極めるのが得意で若手審判のなかで成長株と言われていますが、まだまだ誤審が多く批判的な意見も多いです。

生年月日:1985年9月4日

出身地:バーミンガム

1部デビュー:2016-17

2019-20実績:26試合

  • 警告:86
  • 警告→退場:0
  • 一発退場:1

スポンサーリンク

アンドレ・マリナー

出典元:en.wikipedia.org

★30年近いキャリアを誇るベテランレフェリーですが、「全く進歩がない」という意見が未だに多くあります。また主審を担当した44試合で23敗を喫していますニューカッスルには歓迎されていません。

生年月日:1971年1月1日

出身地:バーミンガム

1部デビュー:2004-05

2019-20実績:24試合

  • 警告:59
  • 警告→退場:1
  • 一発退場:1

ジョナサン・モス

出典元:en.wikipedia.org

★判定に不満を示したポーツマスの選手たちを逆に煽ったりするなど、いわゆる炎上系審判としてプレミアで不動の地位を築いています。

生年月日:1970年10月18日

出身地:サンダーランド

1部デビュー:2010-11

2019-20実績:25試合

  • 警告:94
  • 警告→退場:2
  • 一発退場:0

「彼は恥ずべきことだった」-ダン・ゴスリングは、審判のジョナサン・モスがブラモール・レーンでAFCボーンマスに「敬意を払わない」ことを示したと語った。彼のパフォーマンスは成熟していて、うまくいったと思いました。FAは今、行動し、罰金を科し、ゴスリングを一時停止する必要があります。

スポンサーリンク

マイケル・オリバー

出典元:ja.wikipedia.org

★協会や連盟からの信頼も厚くCLを担当するプレミア審判陣の第一人者と言われていますが、ファンから懐疑的意見が多いのも事実です。

生年月日:1985年2月20日

出身地:アッシントン

1部デビュー:2010-11

2019-20実績:32試合

  • 警告:105
  • 警告→退場:0
  • 一発退場:0

クレイグ・ポウソン

出典元:en.wikipedia.org

★微妙なジャッジで選手たちから詰め寄らるシーンが多く、ファンからネガティブな意見が多いことで注目されています。

生年月日:1979年7月18日

出身地:シェフィールド

1部デビュー:2012-13

2019-20実績:23試合

  • 警告:87
  • 警告→退場:1
  • 一発退場:1

スポンサーリンク

アンソニー・テイラー

出典元:incolnshirefa.com

★2019-20シーズンは警告124、PK12といずれも最多を記録。またFA杯の決勝でも微妙な判定が続き「影の主役」と揶揄されてました。

生年月日:1978年10月20日

出身地:ウィゼンショウウ

1部デビュー:2009-10

2019-20実績:32試合

  • 警告:124
  • 警告→退場:2
  • 一発退場:3

ポール・ティアニー

出典元:football.fandom.com

★不安定なジャッジが多いことで注目されますが、プレミアリーグで初めてVARの助言により判定を改めた審判となり話題になりました。

生年月日:1980年12月25日

出身地:ウィガン

1部デビュー:2014-15

2019-20実績:25試合

  • 警告:76
  • 警告→退場:0
  • 一発退場:3

スポンサーリンク

私なりのまとめ

協会や連盟から厚い信頼を得ていても実際は、疑問符が残るジャッジが多いということも事実です。

また選手と審判、監督と審判との因縁(相性?)から勝敗が決まることも多々あるので、そういう意味でも審判は重要ですね。

しかしやらかしてしまう(誤審)場面を目の当たりにしてしまうと、怒りしかないフラストレーションが溜まるばかりで辛いですけど・・・。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

【関連記事はこちら】

ブンデスリーガ 審判一覧!リーグを代表する10名を紹介

セリエA 審判一覧!リーグを代表する10名を紹介

ラリーガ 審判一覧!リーグを代表する10名を紹介

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする