ピルロ 歴代の背番号を調査!名言・格言集12選も紹介

こんにちは、創造性あふれるプレーでクラブチームやイタリア代表を頂点に導きましたアンドレアピルロ選手。

モダンサッカーの先駆けとして数々の華麗なプレーは今でも多くのファンの目に焼き付いています。

今回はそんなピルロ選手についてまとめてみました。

スポンサーリンク

プロフィール

愛称:マエストロ

生年月日:1979年5月19日

出身地:ロンバルディア州ブレシア県フレーロ

身長:177cm

体重:68kg(現役時)

ポジション:MF

利き足:右足

【プレースタイル】

  • 卓越した戦術眼で試合のリズムを作るサイドチェンジやゴールに直結するスルーパスが武器。
  • 正確無比のFK。
  • 基本のボールを止める・蹴る技術が非常に長けている。
  • 一人ひとりの選手がピッチ上のどこに、どうポジショニングしているかを正確につかめる視野の広さ。
  • 相手選手とチームメートの動きを予知する能力が高い。
  • パスを受けた時点である程度どのようにパスをして相手を崩すのかを決めている。
  • 相手をかわす技術が優れている。

歴代の背番号を調査!

21番(ブレシア:1995-1998)

実績がなかったので残っている番号から21番を選んだということです。

少年時代はキオスクで販売していた「偉大なる10番」というビデオのジーコ編・マラドーナ編・プラティニ編のFKの映像を何度も見ていたそうです。

地元もクラブチームで活躍したのち、ブレシアのユースに引き抜かれトップチームに昇格。

そして1995年5月21日、レッジャーナ戦の試合終了間際に16歳でセリエAでデビューを飾りました。

当時は自身がトップ下の選手であると自覚しておりチームメイトだったエマヌエレ・フィリッピーニ氏も・・

「当時の彼は、今、皆が知っているピルロとはまったく違う選手だったんだ。16歳ながらに優れたテクニックを持つトップ下だったよ」

と雑誌『Goal』のインタビューに応えています。

順調に成長を続け、1997-98シーズンに才能を完全開花させます。

ブレシアは降格となったものの、チームメイトだったアントニオ・フィリッピーニ氏が「彼のタッチは際立つほど繊細で、まるで空を飛んでいるかのようだったね」が言うように多くの人を魅了するプレーで活躍。

この活躍により19歳になる前にU-21代表に選出されました。

47試合出場し6得点を記録。

この時にロベルトバッジョ選手から後継者に指名さています。

スポンサーリンク

11番(インテルミラノ:1998-2001)

ついにインテルからオファーが届きました。

しかしフィジカルの弱さが問題だったため、マークの厳しいトップ下では、自身のアイデンティティーを見出すことができず、まともな出場機会も与えらませんでした。

22試合出場し0得点に終わりました。

30番(レッジーナ:1999-2000)

選手層の厚いインテルでは試合に出場できないため1999年にレッジーナへレンタル移籍をしました。

開幕後の移籍で21が埋まっていたため、10の3倍で選択したらしいです。

当時レオナルド選手やマルディーニ選手を擁するACミランに得点を決めるなどレッジーナでは輝きを取り戻しつつありました。

28試合に出場、6得点をマーク。

スポンサーリンク

5番(ブレシア:2000-2001)

再びブレシアにレンタル移籍となりました。マッツォーネ監督(当時)から、ローマ時代のファルカンの様なプレーを求められ、それならと背番号も5番にしたそうです。

そしてマッツォーネ監督(当時)から・・・

「前には(ロベルト)バッジョがいて君のポジションは埋まっている。君には後ろでプレーしてもらいたい。君はレジスタをやるべきだ」

と進むべき道を指南されました。

10試合に出場し0得点、バッジョ選手と一緒にプレーしたのはわずか数試合でしたが、それはピルロ選手にとってこのポジションでこそ主役になれるという確信に変わったということでした。

スポンサーリンク

21番(ACミラン:2001-2011)

2001年7月1日、ACミランに完全移籍をします。2000-01シーズン終了後の6月21日に結婚。このこともあり21番を選択しました。

  • ミランではトップ下にルイコスタ選手がいた事。
  • アンチェロッティ監督(当時)がブレシア時代にレジスタでの活躍を知っていた事。
  • セードルフ選手、ガットゥーゾ選手、アンブロジーニ選手といった強力なハードワーカーで守備能力に秀でたMFがいた事。

などの条件が重なりピルロ選手は攻撃の指揮を司る存在として、長短織り交ぜたパスを供給し続けレジスタとしてのポジションを確立しました。

★ 2002-03&2006-04チャンピオンズリーグ優勝

★ 2002-03コッパイタリア優勝

★ 2003-04&2010-11のリーグ制覇

リーグ戦284出場し32得点と王者ミランの最強時代を支えました。

ちなみにクールな外見とは異なりピッチ外では無類のいたずら好きとしても有名でした。

スポンサーリンク

21番(ユベントス:2011-2015)

10年間在籍したミランに別れを告げ、2014年までの3年契約を発表。

2年連続7位という不本意な結果を受けユーベ復活の鍵を握る唯一無二のレジスタに白羽の矢が立ちました。

移籍早々、快進撃を続けるチームを支え、2002-03シーズン以来となるスクデット獲得(ミラン以来20季ぶり2チーム目となる無敗優勝)に貢献。

UEFA.comのシーズンレビューで年間最優秀選手に選ばれています。

33歳・34歳を迎えても不動のレジスタとして君臨。

2012-13シーズン&2013-14シーズンとリーグ3連覇・チャンピオンズリーグ準優勝に大きく貢献しました。

ユベントスでは119試合に出場し16得点を記録。

スポンサーリンク

21番(ニューヨークシティ:2015-2017)

2015年7月6日、MLSのニューヨーク・シティFCに移籍が決まりました。

「このような経験をずっと心待ちにしていた。ようやく実現することができた。このクラブは成長しており、私と同じように成功を得たいと飢えている。勝利ができるようにと願っている」

とコメントしています。

当時はランパード選手・ダビドビジャ選手との共演も大きな話題となりました。

MLSでは60試合に出場し1得点を決めるも2017年11月6日、自身のtwitterで引退することを発表。

引退理由については・・・

「パスを長く蹴りすぎたり、シュートをミスしてしまったり…その時に、『ピルロは歳をとったな、彼は終わった。これ以上はムリだろう』と思われる。私は、スタンドにいる人々が顔を見合わせてそう思うような状況になるまで続けたくはなかったんだ。そのようなことには耐えられないんだ。私は」

ということです。

引退後は指導者への道に進み2020年8月9日、古巣ユヴェントスの監督として電撃就任しました。

スポンサーリンク

代表歴代背番号を調査

17番

2002年9月7日のアゼルバイジャン戦でデビューしこのときはの背番号は17番です。

10番

2004年3月に行われましたポルトガルとの親善試合。

2004年のアテネオリンピックにはオーバーエイジで出場しキャプテンとして銅メダル獲得に貢献しています。

2004年:ピルロは2004年アテネオリンピックのキャプテンとして銅メダルを獲得しました。

また、2009年2月に行われましたブラジルとの親善試合で10番を付けています。

21番

「UEFA EURO 2008」「2010 FIFAワールドカップ」「UEFA EURO 2012」「2014FIFAワールドカップ」といった主な大会では21番を付けてプレーしています。

その中でも一番光り輝いていたのは「2006FIFAワールドカップ」の優勝です。

初戦のガーナ戦、準決勝のドイツ戦、決勝のフランス戦と3度のマンオブザマッチに輝き、ブロンズボール賞を受賞しました。

2014FIFAワールドカップの前に代表引退を表明するも大会後に代表復帰を発表。しかしそれ以降代表には招集されませんでした。

スポンサーリンク

ピルロの名言・格言集12選

クールな外見やプレー同様に発言もクールで、しかも奥が深いこともあり毎回注目されます。

そこで注目された珠玉の言葉12選を紹介します。

1.「閃きで試合に火を点ける、それがファンタジスタだと思う。」

2.「FKはPKよりも簡単だ。」

3.「試合は一秒で変わる。」

4.「蹴り方の秘訣を言うならば、1に練習、2に練習、3に練習」

5.「簡単に言えば、身の回りに起こるすべてのことをポジティブに向けていく。その一言に尽きると思う。」

6.「PKキッカー指名は絶対に拒否したらいけない。蹴ることを拒否できる場面などサッカーには存在しないからだ。疲れを理由にPKを失敗することもあってはならないことだ。」

7.「周りの人よりもうまくなりたいと野心を持つことによって、(強いメンタリティーが)備わったと感じているよ。」

8.「準備というのは週末の試合に合わせてトレーニングすることだけじゃない。たとえば何を食べるか、何を飲むか。自分の行動の一つひとつに、こだわらなければならない。」

9.「日々のトレーニングは凄く重要。個人としてチームとして、どういったプレーを実現させたいのかを考えつつ、全力でやらなければならない。トレーニングというものはあくまで通過点。きちんと練習しておけば、試合で実現できる可能性が高まるという考え方を僕は持っている。」

10.「絶対に決めるんだという自信を持つことが何より大切。」

11.「ダービーマッチに順位は関係ない。」

12.「GKはとても気合いが入っているように見えたから、あのように蹴ろうと思った。あのように蹴る方が、ゴールは簡単だった。」

12に関してはユーロ2012準々決勝イングランド戦は0-0のPK戦となりました。

両チームともに1番手が決めて迎えた2番手、リッカルドモントリーヴォ選手が失敗し、イタリアは1-2とリードを許した場面でピルロ選手が登場。

緊迫した状況にもかかわらずピルロ選手が絶妙なチップキックでゴールを決めて、イタリアに流れを引き寄せ4-2で勝利したときのインタビューでの発言です。

以上の12の名言・格言から分かる通り、ピルロ選手の生き様が現れてる感じがします。だから注目されるのだと思いました。

私なりのまとめ

常に結果が求められるサッカー界で、経験の浅い監督として常に「監督としてどうなの?」と疑問視され続けていますが、選手時代の偉大な功績や人間性を知っているファンなら誰もが「監督としても成功する」と思っているので今後の展開に期待したいですね。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

【関連記事はこちら】

【年代別】ユベントス 歴代メンバー 一覧|背番号付きで紹介

【年代別】ACミラン 歴代メンバー 一覧|背番号付きで紹介

ACミラン歴代メンバー!背番号10番選手を顔写真付きで紹介

ユベントス歴代最強選手まとめ!レジェンドメンバーを顔写真付きで一挙紹介

インザーギ 歴代の背番号を調査!レジェンドの凄さについても

ルイコスタ 歴代背番号を調査!現在の活動についても

シェフチェンコ 歴代の背番号を調査!現在の活動についても

アレッサンドロネスタ 歴代の背番号を調査!現在の活動も気になる

トッティ 歴代の背番号を調査!10以外の背番号が気になる

クリロナ 歴代の背番号を調査!年俸(日本円)推移が凄すぎる

サンドロトナーリ 歴代の背番号を調査!プレースタイルや年俸についても

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする