セルヒオラモス 歴代の背番号を調査!年俸推移も気になる

こんにちは、世界最高峰のDFとして数々の頂点を勝ち取ってきましたセルヒオラモス選手。

多くのスーパースター達がいる中、スペイン代表やレアルマドリードでの功績は圧倒的で、他の追従を許さないものだと思います。

今回は、そんなセルヒオラモス選手についてまとめてみました。

スポンサーリンク

プロフィール

本名:セルヒオ・ラモス・ガルシア

愛称:カマスのファラオ

生年月日:1986年3月30日

出身地:スペイン アンダルシア州セビリア県ムニシピオ

身長:184cm

体重:82.2kg

ポジション:DF

利き足:右足

【プレースタイル】

  • 常に良いポジションを取っており、相手FWを自由にさせない。
  • ヘディングの技術が非常に高く競り負けない。
  • 1対1が非常に強い。
  • 裏に抜けた選手に対応するスピードが早い。
  • 水際でシュートをブロックできる反射神経が早い。
  • 正確なキック・絶妙なボールコントロール・DFらしからぬゲームビジョン等、FW並みの攻撃能力をもっている。

歴代の背番号を調査!

9歳でセビージャに入団した時は、疾風怒濤の突進とタイミング良く蹴るシュートでゴールを奪う、ロナウド(元ブラジル代表)タイプのストライカーだったそうです。

セビージャ育成部門のコーディネーター、パブロ・ブランコ氏は・・・

「最初アレビン(10~11歳が中心のカテゴリー)で、FWとして始めたが、あまりにもパワフルだったので、前にスペースが足りなくなってしまった。持てるものを最大限に発揮するには、前方に長い距離がある方が良くなったんだ」

とセルヒオ選出がDFに転向した経緯を話していました。

13歳になってカデテA(15歳中心)に上げられFWから中盤の底にコンバート。

15歳でフベニールA(18歳中心)入りしてからはCBが定位置になります。

そして16歳になり、Bチームに引き上げられると、右サイドバックを任されるよります。

それを見たブランコ氏が「今、世界中を見渡しても上手い右サイドバックは見つからない。君なら最高の選手になれる。サイドバックをやりなさい」とアドバイスを送ると、 当時トップチームの監督をしていたホアキン・カパロス氏が、サブ対Bチームの練習試合見て驚愕。

「DFとは思えない巧さがあった。力強くて強固で、攻め上がった時は敏捷。技術に間違いはなく、両足をほぼ同じように使える。あらゆる面で優れていた」

即座にトップチームに昇格しました。

スポンサーリンク

32番→5番(セビージャ:2004-2005)

32番

2004年2月、デポルティーボ・ラ・コルーニャ戦でトップチームデビューを果たし、20年以上ぶりにコパ・デル・レイで準決勝に進出や、リーグ戦では6位となってUEFAカップ出場権獲得に貢献します。

ジュリオ・バプティスタブラジル国旗、ダニ・アルベスブラジル国旗とセルヒオラモススペイン国旗、2004年にセビリアで活躍した「トリオデ梗塞」。

5番

2004-05シーズンには18歳ながら41試合に出場し、2年連続UEFAカップ出場権獲得に貢献しました。(リーグ6位の成績)

また、ドン・バロン・アワード(スペイン週刊誌ドン・バロンが主催のサッカー賞)のブレイクスルー選手に選ばれました。

2004年から2005年のリーガシーズンに有効なゲームで、ベティスのリカルドオリベイラとセビージャのセルヒオラモス(そしてバックグラウンドでダビドプリエト)。

スポンサーリンク

4番(レアルマドリード:2005- )

2005年9月8日、スペインの10代選手としては最高記録となる2700万ユーロ(当時のレートで約36億5000万円)の移籍金でレアル・マドリードに移籍しました。

チームの主将でしたフェルナンドイエロ選手の背番号4を受け継いだこともあり、後継者と見られていることに対して

「4を選んだのは『一番好きだから』が理由だけど、あのイエロの番号を背負えるわけだから誇りに思う。彼のように、このクラブの歴史に名を刻めたらいいな」

とコメントしています。

セビージャ時代から複数のポジションをこなす戦術的センスを持っており、センターバックや右サイドバック、チーム事情によっては守備的ミッドフィールダーといったユーティリティ性を発揮します。

2007-08シーズンからはミチェルサルガド選手に変わって右サイドバックに定着。FW出身らしい巧みな攻撃参加と得点力に磨きがかかり、2007年10月半ばに100試合出場を達成します。

レアルでの1試合平均得点は、DFでありながら0.15で中盤から前で使われ、常時オフェンスに関わるグティ選手と全く同じ数字でした。

また攻撃的DFとしては史上最高の1人に数えられるロベルトカルロス選手でさえ、レアル時代の数字は0.12だったので、いかにセルヒオ選手の攻撃力が凄いかわかりますね。

「昔から攻めるのは好きなんだ。選手なら誰でもゴールを決めたい、そうすることで自分の価値を実感したいと思ってるものさ。それに、ゴールの数だけで選手を計る人って多いだろ」

自分の得点の多さを正当化するコメントからわかるように、攻撃力を活かして2006-07シーズン・2007-08シーズンのラ・リーガ2連覇、そして『2008スーペルコパ・デ・エスパーニャ(スペインのスーパーカップ)』に大きく貢献。

  • 「レアル・マドリー近年最高の補強の1つ」
  • 「ここ数年で一番の費用対効果」

といった声が寄せられ多くのファンから評価されました。

スポンサーリンク

2011年からは、怪我の多いリカルドカルバーリョ選手に変わって本格的にCBに定着すると、カンプノウでバルセロナに完勝し4年ぶりとなるリーガ制覇の原動力となりました。

  • ピンチの場面に体を張ってシュートを防ぐ。
  • 相手選手から確実にボールを奪い取る。
  • ディフェンスラインを統率してオフサイドを取る。
  • ロングボールに対するヘディングは、しっかりとパスで処理する。
  • スライディングなどで掻き出すことが精一杯という球際の場面でも、きれいなスライディングを決めて味方につなぐ。

といったDFに必要な能力に磨きをかけつつ、「後方からパスやドリブルで試合を組み立てる能力」や「セットプレーでの得点力」といった能力も開花させ、世界最高峰のディフェンダーに進化していきます。

ちなみに、イギリスのスポーツデータ会社『オプタ』の記録では「ここ10年の欧州5大リーグにおいて最もゴールを奪っているディフェンダー」ということが報じられ話題となりました。

2011年以降センターバックとして不動の地位を築き、2015-16シーズンからはキャプテンとして・・・

★ リーグ優勝 3回(2011-12・2016-17・2019-20)

★ コパ・デル・レイ優勝 2回(2010-11・2013-14)

★ チャンピオンズリーグ優勝 4回(2013-14・2015-2018)

という輝かしいチームの実績に大きく貢献。

また、2019-20シーズンの第30節・レアルソシエダ戦で決めたPKによって、ロナルドクーマン氏(バルセロナ)の67点を抜き、リーガ史上最多得点DFとなりました。

30代中盤を迎えますが全く衰え知らずで、チームの絶対的な存在となっています。

スポンサーリンク

代表の歴代背番号を調査

15番

2005年3月26日、中国との親善試合でスペイン代表デビューを飾りました。

セルヒオラモスは、2005年3月26日に18歳でデビューしました。
中国との友好関係で。彼はハーフタイムでプヨに取って代わります。代表チームは3-0でその試合に勝つことになります

2006年のドイツFIFAワールドカップで右サイドバックのレギュラーを務めると、2010年の南アフリカW杯まで全試合に右サイドバックとして出場し優勝に大きく貢献する活躍を見せていました。

「UEFA EURO 2008」

「2010 FIFA WORLD CUP」

「UEFA EURO 2012」ではジェラールピケ選手とセンターバックのコンビを組み、スペインの優勝に貢献。大会優秀選手に選ばれ、カストロールEDGEインデックスにおいて最優秀選手となりました。

「UEFA EURO 2016」以降は代表でもキャプテンを務め、「UEFA EURO 2020」予選のフェロー諸島戦で通算122試合目の勝利となり、代表最多勝利数の世界記録を更新しました。

そして2020年11月14日のネーションズリーグ、スイス戦ではジャンルイジブッフォン選手を超え、欧州最多となる178試合出場を達成しています。

スポンサーリンク

年俸推移も気になる

年俸推移は以下の通りです。

★ セビージャ

2004年 2000万円

★ レアルマドリード

2005年 1億5000万円

2006年 1億5000万円

2007年 2億0000万円

2008年 4億0000万円

2009年 4億5000万円

2010年 4億5000万円

2011年 4億5000万円

2012年 4億5000万円

2013年 6億0000万円

2014年 8億0000万円

2015年 11億0000万円

2016年 11億0000万円

2017年 13億7000万円

2018年 13億7000万円

2019年 13億7000万円

2020年 14億4000万円

2021年 15億1000万円

ちなみにセルヒオ選手といったら、契約更改時に必ずクラブ上層部と揉めるという報道があり話題になります。

それはフロレンティーノペレス会長が攻撃的選手を好み、守備的な選手に対して正当な評価をしない傾向があるからで、過去にはチームの要だったイエロ選手やマケレレ選手を放出した過去がありました。

また、セルヒオ選手の移籍時、レアルマドリードがセビージャに支払った2700万ユーロ(当時のレートで約36億5000万円)は、スペイン人の国内移籍としては史上最高額でした。

世界レベルではほぼ無名の、20歳にも満たないDFにこれだけ払わねばならないことをフロレンティーノペレス会長は不服としていましたが、スポーツディレクター(当時)のアリゴサッキ氏に「今後15年は活躍する選手になるから」と説得され、交渉をまとめたというエピソードがあります。

なので、セルヒオ選手にはレアルでの守備的な選手の地位向上のために、あえて「上層部と揉める」という行動に出ていることも考えられますね。

私なりのまとめ

必ず「レアル残留か?移籍か?」と移籍報道が盛り上がりますが、まだまだ世界最高峰のDFとしてどのリーグでも第一線で活躍できます。

今後の展開に注目です。これからも応援し続けたいですね。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

【関連記事はこちら】

【年代別】レアルマドリード 歴代メンバー 一覧|背番号付きで紹介

レアルマドリード歴代最強メンバー!スタメン選手の年俸など顔写真付きで紹介

【年代別】セビージャ 歴代メンバー 一覧|背番号付きで紹介

モリエンテス 歴代の背番号を調査!現在についても気になる

クリロナ 歴代の背番号を調査!年俸(日本円)推移が凄すぎる

カシージャス 歴代の背番号を調査!現在の活動も気になる

シャビアロンソ 歴代の背番号を調査!14番にこだわる理由とは?

プジョル 歴代背番号を調査!引退後の現在・現役時代の凄さについても

セスク 歴代の背番号を調査!年俸推移についても気になる

シャビ 歴代の背番号を調査!監督としての評価や戦術も気になる

グティ 歴代の背番号を調査!現在についても気になる

ダビドシルバ 歴代の背番号を調査!後継者についても激白

フェルナンドトーレス 歴代の背番号を調査!現在の姿に驚愕

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする