チアゴアルカンタラ 歴代の背番号を調査!兄弟や父親についても

こんにちは、サッカー一家に育ち、類まれなプレーで、スペイン代表やクラブチームを頂点に導いています、チアゴアルカンタラ選手。

常に進化し続ける天才プレーメーカーは、これからリバプールファンを大いに喜ばせることでしょう。

今回は、そんなチアゴ選手についてまとめてみました。

スポンサーリンク

プロフィール

本名:ティアゴ・アルカンタラ・ド・ナシメント

生年月日:1991年4月11日

出身地:イタリア バーリ

身長:174cm

体重:70kg

ポジション:MF

利き足:右足

【プレースタイル】

  • 積極的にボールを呼び込み的確なパスで攻撃を形作るプレーメーカー。
  • 高精度のショート、ロングパス。
  • 視野が広く、瞬時に状況判断ができる。
  • 厳しいプレッシャーをモノともしない足下の技術。
  • パスだけでなくトリッキーなフェイントやドリブルも得意。
  • 正確無比なロングシュート。
  • 鋭い読みで危機察知能力が高く、時には激しいスライディングタックルも厭わない。

歴代の背番号を調査!

元ブラジル代表の父親の下でサッカーを覚え、5歳でブラジルのフラメンゴに入団。

その後、父親の移籍に伴いスペインのウレカ・ネグラン所属となりました。

ブラジルのフラメンゴの最下位レベルから始め、5 歳のときに父親と一緒にスペインに移り、ニグランのガリシア チームのウレカでプレーし始めました。 2001年、父がエルチェCFでプレーしていた時、ケルメCFでプレーした。

2005年、14歳の時にバルセロナ(カデーテB)に移籍します。

2007年には、U16のトレーニングセッションで当時バルセロナBを率いていたグラウディオラ監督と出会いました。

「ポジショナルプレーについてのセッションだったけど、戦術や技術に関して、彼がとてつもない考えを持っていることにすぐ気がついたんだ。そしてよくわかったことは、彼はコーチ職が天職であり、リスペクトできる存在だということ。」

スポンサーリンク

34番(バルセロナ:2009-2011)

グラウディオラ監督との出会いから2007年にFCバルセロナBへ招集されると、2009年5月のマヨルカ戦でトップチームデビューを飾りました。

2008-09シーズンは1試合に出場・0得点に終わりますが、グラウディオラ新監督の元チームはリーガ優勝・国王杯優勝・チャンピオンズリーグ制覇の3冠達成となりました。

その後、徐々に才能を発揮させ「バルサカンテラが生んだ近年最高傑作」という触れ込みが嘘ではなかったことを証明します。

2011年に行われました「UEFA U-21欧州選手権」で”チアゴの大会”と言われ評価が急上昇しました。

11番(バルセロナ:2011-2013)

2011年から正式にトップチームに定着し、チャビ選手、イニエスタ選手、セスクファブレガス選手といった中盤の豪華なタレントとも高次元での融合を見せ、その類いまれなる技術とセンスを見せました。

2011-12シーズンはウィングからボランチまでこなし確かな戦術理解を示すと、リーグ戦27試合に出場・2得点を記録しました。

2012-13シーズンもチャンスメーカーとしてリーグ戦27試合に出場(2得点)しますが、セスクファブレガス選手の加入の影響もあり、出場時間が限定され伸び悩んでいたということです。

バルセロナでは68試合に出場・7得点を記録しています。

スポンサーリンク

6番(バイエルンミュンヘン:2013-2020)

殻を破る大きなチャンスとみて、今シーズンから就任したグラウディオラ監督に誘われる形で2013年7月バイエルンミュンヘンに移籍しました。

2013年のこの日、チアゴはバイエルンの新選手として発表された。

ブンデスリーガ初挑戦となりますが、崇高なテクニックで相手を翻弄しアタッキングサードでゲームを支配します。

2014年2月に行われましたアイントラハト・フランクフルト戦では185回のボールタッチと159本のパス成功を記録し、ブンデスリーガ記録を塗り替えました。

移籍した初年度からチームの中心選手として16試合に出場、2得点を記録。

ブンデスリーガ創設以降、史上最多25回目の王者に輝き、4度目の3連覇達成に貢献しました。

2014-15シーズンは昨シーズンに痛めた膝が治らず、開幕戦から欠場が続き結果、7試合出場(無得点)に留まりました。

「僕にとって一番ハードだったのが、ケガをした2014年の4月から2015年の4月までの間だね。」

後に一番波乱に満ちたシーズンだったと語っています。

「ああいうことは二度と起こってほしくない。そのために毎日トレーニングしているんだ。」

と臨んだ2015-16シーズンはコンディションを戻すと、27試合・2得点とグラウディオラ監督就任からブンデス3連覇に大きく貢献しました。

カルロアンチェロッティ監督を新監督を迎えた2016-17シーズンは、加入後初めてリーグ戦2000分以上に出場(27試合・6得点)するなど、さらに進化します。

2017-18シーズン、11月にまともや筋肉系の問題で離脱となり、リーグ戦19試合2得点に終わりしました。

2018-19シーズン、足に吸い付くようなボールタッチは芸術の域に達し、相手の嫌がるポジションでパスをさばき、効果的な攻撃を構築させると史上初7年連続優勝に貢献。

自身もハイパフォーマンスを維持させ自己最多のリーグ戦30試合に出場、2得点を記録しました。

2019-20シーズン、フリック監督となりチームも新たな境地へ。その中でチアゴ選手もリーグ戦24試合に出場、3得点と好パフォーマンスを披露。

特にチャンピオンズリーグでは、世界トップクラスの柔らかいタッチと緩急をつけたパスで、7年ぶりとなる優勝&3冠達成(リーグ・DFB杯・CL)に貢献しました。

バイエルンミュンヘンでは150試合に出場、17得点を記録しています。

スポンサーリンク

6番(リバプール:2020-)

2020年9月、リバプールに完全移籍しました。(契約期間は4年)

クロップ監督が「別次元」の質をもたらしてくれると新たあ創造主と指名し期待する中、10月に行われましたエバートン戦の試合でリシャルリソン選手から激しいタックルを喰らい、重傷を負い長期離脱を強いられました。

結果的にこの怪我で優勝を逃したというファンもいました。

リーグ終盤には復帰を果たすと、チームとフィットし3位でフィニッシュ。

不本意なシーズンとなりましたが、リーグ戦24試合出場、1得点を記録しています。

スポンサーリンク

代表の歴代背番号を調査

22番

2011年にイタリアバーリで行われました親善試合・イタリア戦でA代表初出場を果たしました。

2011年8月10日、チアゴアルカンタラはスペインチームでデビューしました

チームは1-2で敗戦となりますが、随所にその才能を披露しました。

14番

その後、怪我の影響もあり代表招集が見送られることもありましたが「UEFA EURO 2016」に出場。

10番

2018年からは背番号10となり「World cup 2018」に出場。(チームはグループリーグ敗退)

アルバニアに3-0で勝利するというの目標は、スペインが2018年のワールドカップでの地位を確保するのに役立ちます。
引用

2021年3月には「UEFA EURO 2020」に臨むスペイン代表に選出されています。

チアゴアルカンタラは、ユーロ2020のスペイン代表に選ばれました。

スポンサーリンク

兄弟や父親について

弟:ラフィーニャ選手(ブラジル代表)

出典元:ja.wikipedia.org

プロフィール

本名:ラファエル・アルカンタラ・ド・ナシメント

愛称:ラフィーニャ

生年月日:1993年2月12日

出身地:ブラジル サンパウロ

身長:174cm

体重:71kg

ポジション:MF / FW

利き足:左足

【プレースタイル】

  • 才能では兄を超えると言われており、攻撃的MF(インサイドハーフ)ですが偽のCFも難なくこなす。
  • 司令塔タイプの兄とは違い、受け手としての動きができる。
  • バイタルでのドリブルとパスで好機を演出するのが得意。

12歳のときにバルセロナのユースチームに加入。各カテゴリを昇格し、2011年にバルセロナBに招集されます。

2013年にはバルセロナBでの恩師・ルイスエンリケ氏がセルタの監督に就任した影響もあり、1年間セルタにレンタル移籍しました。

抜群のテクニックでチームの中心選手となり、リーグ戦32試合に出場、4得点を決めてセルタの9位フィニッシュに貢献。

2014年からバルセロナに復帰しましたが、右膝前十字靭帯損傷などの怪我と復帰を繰り返す不本意なシーズンを過ごすことに。

2018年にはインテルミラノへ半年間のレンタル移籍。

2019-20シーズンには再びセルタへレンタル移籍(29試合出場・4得点)するなど、バルセロナでは万全なシーズンを送ることは出来ていませんでしたが、中盤に創造性を求めるレオナルドSDから熱烈ねオファーを受け、2020年10月にパリサンジェルマンへ移籍となりました。

パリサンジェルマンではリーグ戦23試合に出場(無得点)しています。

スポンサーリンク

父親:マジーニョ(元ブラジル代表)

出典元:it.wikipedia.org

プロフィール

本名:イオマール・ド・ナシメント

愛称:マジーニョ

生年月日:1966年4月8日

出身地:サンタ リタ

身長:176cm

ポジション:MF

CRヴァスコ・ダ・ガマで頭角を現し、1990年からはセリエAのUSレッチェ、フィオレンティーナ、その後はリーガ・エスパニョーラのバレンシアCF、そしてセルタで中心選手と活躍しました。

そしてブラジル代表(背番号17)として、「1994 FIFAワールドカップ」では決勝トーナメントからレギュラーに定着し、4度目の優勝に貢献しました

私なりのまとめ

初挑戦となりましたプレミアリーグでは、怪我などもあり満足のいくシーズンとはいきませんでしたが、来シーズンは必ずやタイトルをもたらす活躍をしてくれることでしょう。

今後に注目ですね。最後まで読んでいただきありがとうございました。

【関連記事はこちら】

アーノルド 歴代の背番号を調査!年俸推移も気になる

ロバートソン 歴代の背番号を調査!年俸推移に驚愕

ゴレツカ 歴代の背番号を調査!年俸推移も気になる

セスク 歴代の背番号を調査!年俸推移についても気になる

シャビ 歴代の背番号を調査!監督としての評価や戦術も気になる

プジョル 歴代背番号を調査!引退後の現在・現役時代の凄さについても

【年代別】リバプール 歴代メンバー 一覧|背番号付きで紹介

【年代別】バイエルンミュンヘン 歴代メンバー 一覧|背番号付きで紹介

【年代別】バルセロナ 歴代メンバー 一覧|背番号付きで紹介

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする