ダルウィンヌニェス 歴代の背番号を調査!プレースタイルや年俸について

こんにちは、リバプールの新たなストライカーとして大注目されていますダルウィン ヌニェス選手。

以前から、マンチェスターシティやバルセロナ等が獲得を熱望していた事は有名な話ですね。

今回はそんな、ヌニェス選手についてまとめてみました。

スポンサーリンク

プロフィール

本名:ダルウィン・ガブリエル・ヌニェス・リベイロ

生年月日:1999年6月24日

出身地:ウルグアイ・アルティガス県アルティガス

身長:187cm

体重:78kg

ポジション:FW

利き足:右足

【プレースタイル】

  • 一度スピードに乗ったら止めることが出来ないスライドの大きなドリブル。
  • 身長187cmのサイズを活かした空中戦。
  • 天性の嗅覚を持ち、右足から放たれる変幻自在のシュート。
  • ディフェンダーとの駆け引きが強く、裏抜けの技術がハイレベル。
  • 足元でボールを受けてからワンタッチで相手DFを剥がしていく。
  • スピードの上げ下げが自在で、シンプルなパスでもDFを躱し、ゴール前に簡単に抜け出す。

歴代の背番号を調査!

24番(CAペニャロール:2017-2019)

2013年、14歳時にCAペニャロールの下部組織に入団しますが、数ヶ月で退団。しかし、2014年に再び入団します。

ユース時代から怪我に悩まされ、2017年に入ると膝の負傷でさらに苦しむことに。

11月に行われましたリバープレート モンテビデオ戦(1-2敗戦)でトップチームデビューを果たしますが、翌月には手術に踏み切ります。

半年間の離脱を余儀なくされますが、2018年10月のCAフェニックス戦でプロ初ゴールを決め2-0の勝利に貢献。

ちなみにチームは2年連続リーグ連覇を達成しました。

2019年7月にはボストン リーベル戦(4-0勝利)で、初のハットトリックを達成するなど、欧州の複数クラブから注目される存在となります。

世紀のチャンピオンでの試合の終わり、 #Peñarolは2019年中間トーナメントのデビューでボストンリーベルを4-0で破りました。

ダルウィンヌニェスからの3つのゴールとブライアンロドリゲスからのゴール。

  • 2017 リーグ戦 1試合・0得点
  • 2018 リーグ戦 10試合・1得点
  • 2019 リーグ戦 3試合・3得点

スポンサーリンク

21番(アルメニア:2019-2020)

2019年8月、セグンダ・ディビシオン(2部)のアルメリアと4年契約を締結。

10月のスポルティング・デ・ヒホン戦(2-4敗戦)でデビューを果たすと、続くエストレマドゥーラ戦(3-2勝利)で初ゴールをきめます。

初のスペイン挑戦にも関わらず、抜群の得点感覚でゴールを量産。16ゴールの成績を残し2部得点王を獲得すると共にチームを4位に導きました。

アルメリアの20試合で12ゴールを挙げた後、ダルウィンヌニェスはスペイン、イタリア、イングランドのクラブのターゲットになりました。

有望なストライカーは、2019年にペニャロールからわずか€ 400万で購入されました。

将来のウルグアイのサッカースター候補

・2019-20 リーグ戦 30試合・16得点

スポンサーリンク

9番(ベンフィカ:2020-2022)

2020年9月、約30億円の移籍金でベンフィカへ移籍します。(5年契約)

初のヨーロッパリーグ開幕節のレフポズナン戦でハットトリックを達成するなど、新天地でさらなる進化を遂げエベルトン選手、セフェロビッチ選手等と共に前線を活性化させます。

しかしシーズン後半にはウイルスの影響やさまざまな怪我に苦しみ、4か月間無得点と停滞してしまいました。

その影響もあり2021年5月、右膝の怪我のために手術を受け長期離脱を余儀なくされます。

2年目の2021-22シーズンも開幕から出遅れ、ロマンヤレムチェク選手やセフェロビッチ選手のバックアッパーとしてシーズン序盤を迎えますが、相次ぐ主力の離脱によりレギュラーに定着すると一気に才能が開花。

リーグ28試合で26点を奪い、終わって見たらリーグ得点王を獲得。ボーラデプラタ賞を受賞しました。

ダルウィンヌニェスベンフィカ統計2021-2022

すべての大会に41回出場
34ゴール
4アシスト

#LFCファンは、彼が署名に成功すると確信していますか?

  • 2020-21 リーグ戦 29試合・6得点
  • 2021-22 リーグ戦 28試合・26得点

スポンサーリンク

27番(リバプール:2022-)

マンチェスターシティやバルセロナなどの争奪戦を制し2022年6月、リバプールへの移籍を発表。(移籍金約113億円+ボーナス約28億円)

公式:リバプールがベンフィカのダルウィン・ヌニェスと長期契約を結ぶ。

その新しい外観のフロント3

スポンサーリンク

代表の歴代背番号を調査

各カテゴリー(U20 U22)のウルグアイ代表として活躍。

特に2019年にチリで開催された南米ユース選手権では4試合で2ゴールを決め、「2019 FIFA U-20ワールドカップ」の出場権を獲得に貢献しています。

9番

2019年10月に行われました親善試合・ペルー戦(1-1引き分け)でA代表デビューを果たし初ゴールも決めています。

2019-ダルウィン・ヌニェスがリマで@Uruguay対ペルーの最初の国際ゴールを決め、国際親善試合を行った

•彼は75分に出場し、5分後に得点しました

11番

以降はエディンソン カバーニ選手の再来と称され、「2022 カタールワールドカップ南米予選」に出場。

ウルグアイ代表の4大会連続14度目の本大会出場に貢献しました。

ウルグアイは、マッチデー3でコロンビア代表チームをカタール2022ワールドカップに向けて0-3で下しました。エディンソン・カバーニ、ダルウィン・ヌニェス、ルイス・スアレスがバランキージャのロベルトメレンデスメトロポリタンスタジアムで得点

スポンサーリンク

年俸(推定)について

ベンフィカでの2022年度の年俸は推定・約2億6000万円でした。

そしてリバプール移籍によって2023年からの年俸は推定・約8億5000万円になるということです。

今までの推移については分かり次第追記します。

私なりのまとめ

初挑戦となるプレミアリーグで、どのようなプレーを披露してくれるのか、これからの活躍に注目ですね。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

【関連記事はこちら】

ジョエルマティプ 歴代の背番号を調査!プレースタイルや年俸について

ミルナー 歴代の背番号を調査!年俸推移も気になる

ジョーダンヘンダーソン 歴代の背番号を調査!年俸推移も気になる

コナテ 歴代の背番号を調査!プレースタイルや年俸について

ルイスディアス 歴代の背番号を調査!プレースタイルや年俸について

ファビーニョ 歴代の背番号を調査!年俸やプレースタイルについても

ハーヴェイエリオット 歴代の背番号を調査!プレースタイルについても気になる

チアゴアルカンタラ 歴代の背番号を調査!兄弟や父親についても

ロバートソン 歴代の背番号を調査!年俸推移に驚愕

アーノルド 歴代の背番号を調査!年俸推移も気になる

【年代別】リバプール 歴代メンバー 一覧|背番号付きで紹介

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする