ヴラホヴィッチ 歴代の背番号を調査!プレースタイルや年俸についても

こんにちは、フィオレンティーナの新たな至宝として、セリエAで大活躍のドゥシャン ヴラホヴィッチ選手。

キング・イブラヒモビッチ選手に譬えられます万能レフティーには、多くのビッグクラブも注目されています。

今回は、そんなヴラホヴィッチ選手についてまとめてみました。

スポンサーリンク

プロフィール

生年月日:2000年1月28日

出身地:セルビア・ベオグラード

身長:190cm

体重:75kg

ポジション:FW

利き足:左足

【プレースタイル】

  • 空中戦、フィジカルコンタクトに強い。
  • スピードもあり、正確なボールコントロール。
  • 多岐にわたる得点パターン。
  • スペースを作り敵陣で冷静に繋ぐ堅実なポストプレー。

歴代の背番号を調査!

9番(パルチザン ベオグラード:2016-2018)

ゼムンのサッカースクール「アテネ」でサッカーを始め、年上の選手たちと競い合い、その後、OFKベオグラードに3か月在籍し、2014年夏にパルチザン ベオグラードに加入しました

2015年にはわずか15歳でプロ契約を締結。

翌2016年2月にはOFKベオグラード戦でクラブ史上最年少でのプロデビューを果たし、4月にはクラブ史上最年少となる初ゴールを決めました。

その後もスパルタクスボティツァ戦でゴールを決めるなど、セルビア・スーペルリーガ(2016–17)とセルビア・カップ(2016-17)の2冠達成に貢献しました。

この活躍にアーセナル、アンデルレヒト、ユベントスなど多くのチームからスカウトされましたが、2017年6月にフィオレンティーナとの仮契約締結が発表。(行政上の規範により、2018年7月1日までプレー出来ない。)

そして18歳の誕生日にあたる2018年1月28日にフィオレンティーナと正式契約となりました。(5年契約)

16歳のドゥシャン・ヴラホヴィッチ:

パルチザンとの最初のプロ契約に署名

ジャージ番号9を取得しました

パルチザンの歴史の中で最年少のデビュー作になりました

パルチザンの歴史の中で最年少のゴールスコアラーになりました

エターナルダービーで最年少の選手になりました

パルチザンではリーグ戦21試合に出場1得点を記録しています。

スポンサーリンク

28番→9番(フィオレンティーナ:2018-2020→2020-)

末恐ろしい18歳が加入してきたと話題となり、2018年9月に行われましたインテルミラノ戦(1-2敗戦)でセリエAデビューを果たしますが、2018-19シーズンはリーグ戦10試合に出場しノーゴールに終わりました。

カリニッチがクラブを去る場合、ローマは代わりを探します。

1月であろうと来年の夏であろうと、ペトラチは2018年の夏にパルチザンベオグラードからフィオレンティーナに到着したドゥシャンヴラホヴィッチの名前を刻んだでしょう。

2019-20シーズン、コッパイタリア3回戦・モンツァ戦(3-1で勝利)では19歳にしてドッピエッタ(1試合に2得点を決めること)の大活躍を見せ、リーグ戦で30試合に出場・6得点をマークするなど、徐々にその才能を開花させます。

2020-21シーズンからは背番号が9番となりました。

2021年3月のベネベント戦でハットトリックを決めるなど、リーグ戦でトータル21ゴールを挙げ、得点ランク4位となる飛躍のシーズンとなりました。

2021-22シーズンはビオラの新たな至宝としてチームを牽引。

絶好調のパフォーマンスで2021年12月13日時点で15得点を挙げ、セリエA得点ランキングトップを独走しています。

  • 2018-19 10試合・0得点
  • 2019-20 30試合・6得点
  • 2020-21 37試合・21得点

スポンサーリンク

代表の歴代背番号を調査

15番

各年代(U-15 U-16 U-19 U-21)でセルビア代表に選出され、2020年10月に行われました「UEFAネーションズリーグ」ハンガリー戦でA代表デビューを果たしました。

ドゥシャン・ヴラホビッチは、代表チームのデビュー戦で数回の得点に近づき、ハンガリーにとって大きな問題でした。

彼はセルビアのために多くのゴールを決めるつもりだと何かが私に教えてくれます。

続く11月の「UEFAネーションズリーグ」ロシア戦でA代表初ゴールを記録しました。

18番

カタール・ワールドカップ(W杯)欧州予選でも、アゼルバイジャン戦で2ゴールを決めるなど、セルビアの2大会連続3度目のW杯出場に大きく貢献しました。

スポンサーリンク

年俸について

2017年からの年俸推移を示しています。

・2017年 約16万円

・2018年 約3400万円

・2019年 約5000万円

・2020年 約5000万円

・2021年 約2.2億円

・2022年 約2億円

さすが逸材だけあって、5年間で年俸が1250倍となっており、これから更に倍増間違いなしです。

私なりのまとめ

フィオレンティーナからの移籍報道が加熱する中、パリサンジェルマンの他、マンチェスターシティやトッテナム、ユヴェントスら各国のビッグクラブからも注目を集めており、今後の展開に注目ですね。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

【関連記事はこちら】

【年代別】フィオレンティーナ 歴代メンバー 一覧|背番号付きで紹介

ジョバンニシメオネ(シメオネ息子)歴代の背番号を調査!プレースタイルや年俸についても

キエーザ 歴代の背番号を調査!プレースタイルや父親についても気になる

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする