アラウホ 歴代の背番号を調査!プレースタイルや年俸についても

こんにちは、新たな守備の要として存在感を増していますロナルド アラウホ選手。

シャビ監督も認める逸材は、エル・クラシコ(4-0勝利)での活躍からも分かる通り、急激な進化を遂げています。

今回はそんな、アラウホ選手についてまとめてみました。

スポンサーリンク

プロフィール

本名:ロナルド・フェデリコ・アラウホ・ダ・シルバ

生年月日:1999年3月7日

出身地:ウルグアイ・リベラ

身長:188cm

体重:79kg

ポジション:DF

利き足:右足

【プレースタイル】

  • 瞬時に背後のスペースをカバーできるスピードを持っている。
  • 対人プレーに強く、空中戦に絶対の自信を持っている。
  • センターバックに加え両サイドバックもこなせる優れたユーティリティ性。
  • 正確な長短のパスで守から攻へのスイッチを入れる。

歴代の背番号を調査!

5番(レンティスタス:2016-2017)

地元のクラブ・CAレンティスタス(2部)の下部組織でキャリアをスタートさせ、2016年9月に行われましたタクアレンボ戦(1-0勝利)でプロデビューを果たしました。

2017年シーズンからレギュラーに定着、6月に行われましたヴィラエスパニョーラ戦(3-2勝利)で初のハットトリックを決めると一躍注目される存在となりました。

20歳未満の代表チームのロナルド・アラウホの擁護者は、ボストン・リーベルによってレンティスタスから買収されました。これは最も重要なパスの1つです…

  • 2016 リーグ戦(2部) 3試合・1得点
  • 2017 リーグ戦(2部) 14試合・6得点

スポンサーリンク

2番(ボストンリーベル:2017-2018)

2017年7月、1部のCAボストンリーベルへ移籍。

9月にはエル タンケ シスレイ戦(1-0勝利)で1部デビューを果たし、ポテンシャルの高さを示すとリーグ戦27試合に出場。チームの1部残留(2017 前期5位・後期8位 2018 前期10位)に貢献しました。

[スポーツ] |バルカBチームへの新たな追加-ロナルド・フェデリ。

ボストン・リーベル出身の選手は、ウルグアイU20側のキャプテンです。

センターバックは€ 5m前後で、バルカB側に合流します。公式発表は数時間以内に予定されています。

  • 2017 リーグ戦 9試合・0得点
  • 2018 リーグ戦 18試合・0得点

スポンサーリンク

15番(バルセロナB:2018-2020)

2018年8月、移籍金170万ユーロ(ボーナス込みで350万ユーロ)でバルセロナBに移籍します。(5年契約)

屈強なフィジカルを武器に守備時にはハイボールを跳ね返し、セットプレーでは得点源として得意の空中戦で活躍。

また、落ち着いて相手をいなすボールテクニックも披露するなど、DFの中心選手としてアラウホ選手への期待は、クラブの中でも非常に大きなものとなっていきました。

なんて未来!!
ロナルド・アラウホはすでにバルセロナBでデビューしています。
元ボストンリバーを大いに約束します。

  • 2018-19 リーグ戦(3部) 22試合・3得点
  • 2019-20 リーグ戦(3部) 20試合・3得点

スポンサーリンク

33番→4番(バルセロナ:2019→2020-)

2019-20シーズンにはクラブが負傷トラブルを強いられる中、2019年10月に行われましたセビージャ戦(4-0勝利)でトップチームデビューを飾ります。

しかし、ディフェンスライン裏に抜け出した相手選手を倒してしまい、一発退場の苦い経験をすること。

2020-21シーズン、正式にトップチーム昇格。背番号4を手渡され契約解除金が2億ユーロに設定されます。

2020年12月に行われましたバレンシア戦(2-2引き分け)でリーグ初ゴールを決めクーマン監督(当時)の信頼を得ますが、怪我で2度も戦列を離れリーグ戦24試合に留まりました。

2021-22シーズン、怪我から復帰して以来17試合で先発出場するなど、負傷で長期離脱していたジェラールピケ選手の穴を見事に埋める活躍を見せています。

  • 2019-20 リーグ戦 6試合・0得点
  • 2020-21 リーグ戦 24試合・2得点

スポンサーリンク

代表の歴代背番号を調査

各カテゴリー(U-18 U-20)のウルグアイ代表で主軸として活躍。

国際時計:ウルグアイU20はエクアドルU20に対して1-3で敗れます。バルセロナBのロナルド・フェデリがデビューし、90分にプレーし、11分にゲームの最初のゴールを決めました。

4番

2020年10月に行われました「2022カタールワールドカップ南米予選」エクアドル戦(2-4敗戦)でA代表デビューを果たし、以降は常にウルグアイ代表に招集され活躍しています。

★「2020 コパアメリカ」

★「2022 カタールワールドカップ南米予選」

ロナルド・アラウホは、ペルーとチリに対するワールドカップ予選のウルグアイ代表に含まれています。

•ウルグアイは現在テーブルで4位であり、ペルーに対する勝利は事実上WCでの彼らのスポットを予約します。

スポンサーリンク

年俸(推定)について

2017年からの年俸推移を示しています。

・2017年 約57万円

・2018年 約155万円

・2019年 約2200万円

・2020年 約3000万円

・2021年 約3億円

・2022年 約2.85億円

私なりのまとめ

シャビ監督のしきのもと、今後どのような進化を遂げていくのか注目ですね。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

【関連記事はこちら】

ニコゴンサレス 歴代の背番号を調査!プレースタイルや父親についても

ガビ(パブロパエス)歴代の背番号を調査!プレースタイルや年俸について

フェラントーレス 歴代の背番号を調査!プレースタイルや年俸について

アダマトラオレ 歴代の背番号を調査!プレースタイルや年俸についても

アンスファティ 歴代の背番号を調査!プレースタイルや年俸も気になる

ペドリ 歴代の背番号を調査!プレースタイルや年俸も気になる

テアシュテーゲン 歴代の背番号を調査!年俸推移も気になる

ピケ 歴代の背番号を調査!年俸推移も気になる

メッシ 歴代の背番号を調査!年俸推移についても

【年代別】バルセロナ 歴代メンバー 一覧|背番号付きで紹介

バルセロナ 歴代監督まとめ!顔写真付きで紹介

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする