ハーランド 歴代の背番号を調査! 身長や国籍、年俸も気になる

こんにちは、新たなフェノーメノ(怪物)として存在感を増幅させていますハーランド選手。

ブンデスリーガやチャンピオンズリーグでは、抜群の決定力を見せて多くのファンを驚愕させています。

これからどこまで才能を開花させていくのか期待しかありませんね。

そこで今回、もう少し深堀りしたかたちでハーランド選手についてまとめてみました。

スポンサーリンク

アーリング・ブラウト・ハーランドのプロフィール

生年月日:2000年7月21日

出身地:イングランド・リーズ

国籍:ノルウェー

身長:194cm

体重:88kg

利き足:左足

ポジション:FW

プレースタイル

  • インステップの強烈なシュートとコース重視のインサイドキックを使い分ける。
  • ペナルティーエリアの内外を問わずにゴールを狙いに行く非凡なシュートセンス。
  • クロスに合わせるセンスと打点の高いヘディング。
  • 密集エリアでマークを外す動き出しの良さ。
  • 194cm・87kgと恵まれた体を活かしたポストプレーの上手さや空中戦の強さを持っている。
  • スプリントで60メートルを6.64秒を記録(CLのパリ・サンジェルマン戦)したスピードで裏への鋭い飛び出しも秀逸。
  • 守備も献身的にこなす。
  • ベテラン選手同等の落ち着きぶりと「メンタル」の強さを持っている。

ちなみに父親は元ノルウェー代表・リーズ・ユナイテッドやマンチェスター・シティで活躍したアレフ・インゲ・ハーランド氏です。

スポンサーリンク

歴代の背番号を調査!

19番 ブリンFK (ノルウェー:2015-16)

父親がリーズ・ユナイテッドFC在籍時生まれたので出身はイングランド・リーズとなっており、3歳のときにノルウェー北西の都市、ブリンに引っ越してきました。

ごく自然にノルウェー2部のクラブ、FCブリン(少年の部)に所属となります。

初めからとても上手で、それまでクラブでプレーしたことがなかったのにも関わらず、最初に2回ボールタッチしただけでゴールしてしまったという伝説がありました。

その他もスポーツ万能で、クラブではハンドボールもプレーしており、5歳以下のカテゴリーでは国際的な記録を何年も保持し続けていました。

ブリンの少年チームで、質の高い練習を経験した結果、ノルウェーU-15代表に初招集され、ついには4部リーグに所属するブリンのセカンドチームに昇格。

さらに14試合で18得点を決めトップチームに昇格し2016年5月12日、ノルウェーリーグ2部のランハイム・フォトバル戦でプロデビューを飾りました。

しかし十分な体格が備わっていなかった為、16試合に出場したが得点を挙げることはできませんでした。

アルフ・インゲ・ホーランドの息子、アーリング・ホーランド(15)は、専門的な契約を結びます。

スポンサーリンク

30番 モルデFK (ノルウェー:2016-18)

2017年2月1日、モルデFKに移籍。

当時の監督でマンチェスター・U(現監督)・レジェンドのスールシャール監督による実践的なテクニックを指導された4月26日、若干16歳でありながらノルウェー・カップに初出場、初得点を決めて3-2の勝利に貢献しました。

続いて17歳の誕生日から16日後(6月4日)にはノルウェー1部リーグでの初ゴールを記録しました。

そして衝撃が走ったのは2018年7月1日、14試合負けなしの首位チーム・ブラン相手に開始21分の間に4得点を決めました。

チームメイトから「猛牛」に例えられる独特の走法で相手を振り切り、約11分のあいだにハットトリック。そして約17分のあいだに4得点と一気に才能を開花させました。

当時の対戦相手シャヒン=ラートリンガー選手は・・

「あんなことは経験したことがなかった。みんなショックを受けていた。考えてほしい。あの少年はたった17歳で、4点もぶちこんで来たんだ。それはもう傷つくよ」

心境を語っていました。

この衝撃の展開にマンチェスター・ユナイテッドやユベントスといったトップレベルの欧州クラブからこれまでよりも注目が集まるようになります。

50試合20ゴール6アシストを記録。

ちなみにモルデ在籍時には身長が17cm伸び、20kg近く増量して肉体改造をおこなったということです。

スポンサーリンク

30番 レッドブル・ザルツブルク(オーストリア:2018-19)

レッドブル・ザルツブルクと2019年1月1日からの5年契約を発表しました。

最初の半年は2試合の出場に止まったものの、2019-20シーズンは開幕4試合で6得点をあげるなど好調をキープします。

そして19歳になったばかりのチャンピオンズリーグ・ヘンク戦では開始2分、南野拓実選手のスルーパスに反応し、右側からゴールの左下隅に11メートルのシュートを流し込むと30分後、前半終了間際に得点と45分にも満たない時間で3得点を記録し6-2の勝利に貢献。

残虐なゴールショーと話題となりました。

ハットトリックはCL史上3番目に若い年齢での達成ということです。

ちなみにピッチ内はもちろん、ピッチ外でも常に自宅では腕立て300回、腹筋1000回とハードワークを続けています。

最終的には27試合出場して29ゴールとさらに進化しました。

スポンサーリンク

17番→9番 ボルシア・ドルトムント(ドイツ:2019-20→2020-21)

2019年12月29日、ボルシア・ドルトムントへの移籍が発表され、ユヴェントスやRBライプツィヒ、マンチェスター・ユナイテッドなど12クラブの争奪戦ということでした。

2016年8月に行われたノルディックカップがきっかけにドルトムントのスカウト陣は、実地やビデオでいつも追い続けていたといいます。

ドルトムントは28回の視察のほか、外部コンサルタントであるマティアス・ザマー氏は何回かオーストリアまで、個人的にハーランド選手の試合や練習の様子を見るなど積極的なスカウティングをおこなっていたということです。

2020年1月18日、アウクスブルク戦でブンデスリーガデビュー(途中出場)を果たすと、その試合でハットトリックを達成。

途中出場でのデビュー戦ハットトリックは史上初の記録ということです。

その後もストライカーに必要とされるスピードと強さ、巧みなポジショニングと決定力に磨きをかけ公式戦通算27試合に出場し36ゴール8アシストを記録。

さらにチャンピオンズリーグ通算10試合目で12ゴールをマーク。

そして146試合目にしてキャリア通算100ゴールを達成するなど驚異的な進化を続けています。

スポンサーリンク

ノルウェー代表歴代背番号

U-15代表からA代表までの各代表に選出されています。

U-19 19番

U-19では2018年3月27日にU-19スコットランド代表からハットトリックで勝利(5-4)に貢献。

UEFA U-19欧州選手権2018に出場しU-19イタリア代表から得点しています。(1-1のドロー)

U-20 19番

2019 FIFA U-20ワールドカップではU-20ホンジュラス代表から9得点(1人が9得点する記録は前代未聞)し大会の得点王に輝き、世界にその名を知られる事となりました。

A代表 23番

2019年8月、UEFA EURO 2020予選のマルタ戦でA代表デビューを果たしました。

2020年9月、UEFAネーションズリーグ2020-21のオーストリア代表戦 (1-2)で代表初ゴールをマーク、その後も北アイルランド戦、ルーマニア戦で着実にゴールを決め続けています。

スポンサーリンク

年俸推移を調査

あくまでも推定なのでご了承ください。またザルツブルクまでは移籍金か年俸かは定かではありません。

ブリンFKの年俸はわかりませんでしたが、ノルウェーリーグ(エリテセリエン)の平均年俸は(2019年調査)940万円でした。

ブリンFKか2部リーグだったので、940万円より低い年俸だと考えます。

★モルデFKでは10万ユーロ(約1200万円)。

★ザルツブルクでは800万ユーロ(約9.6億円)。

★ドルトムントは1000万ユーロ(約12億円)と言われていますが、一部報道では2000万ユーロ(約24億円)または1800万ポンド(約25億7000万円)という情報もあります。

スポンサーリンク

アレフ・インゲ・ハーランド(父親)のプロフィール

出典元:mundofifn.fandom.com

生年月日:1972年11月23日

出身地:ノルウェー、スタヴァンゲル

国籍:ノルウェー

身長:186cm

ポジション:DF/MF

愛称:アルフィー

  • 1990年にブリンFK(ノルウェー)でデビュー。
  • 1993年ノッティンガム・フォレストFCに移籍しレスター・シティFCとの試合でプレミアリーグデビュー。
  • 1997年リーズ・ユナイテッドFC移籍。
  • 2000年マンチェスター・シティFC移籍。
  • 2003年現役引退。

エピソードとしてはリーズ・ユナイテッド所属だった1997年、マンチェスター・ユナイテッドFCとの試合中にロイ・キーン選手にファウルで前十字靭帯を損傷させ、キーン選手を1年近く試合出場不可能にさせてしまいました。

そして2001年、今度はキーン選手のタックルを受けて自身が左膝を損傷し、手術を受けましたが最終的には完治に至らず、2003年に現役引退となっています。

またノルウェー代表として1994年にコスタリカ代表との試合でデビューしました。

1994年のFIFAワールドカップに代表入りし、メキシコ代表とイタリア代表とのグループリーグ2試合に出場しています。

2001年のブルガリア代表との試合を最後に代表から引退。

Aマッチ通算34試合に出場していました。

スポンサーリンク

私なりのまとめ

今までの成績や才能を知れば知るほど、これからどこまで活躍するのか想像しただけで武者震いがします。

近い将来、プレミアリーグなのかラ・リーガなのかセリエAなのか、どこに移籍するかわかりませんが、おそらくビッグクラブでしょう。期待は膨らむばかりですね。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

【関連記事はこちら】

【年代別】ドルトムント 歴代メンバー 一覧|背番号付きで紹介

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする