ルベンディアス 歴代の背番号を調査!プレースタイルや年俸についても

こんにちは、完璧なディフェンスで、グアルディオラ監督から絶大な信頼を得ていますルベンディアス選手。

今やシティにとって、無くてはならない存在となっており、将来のバロンドールとも言われていますね。

今回はそんな、ルベンディアス選手についてまとめてみました。

スポンサーリンク

プロフィール

本名:ルベン・ドス・サントス・ガトー・アルヴェス・ディアス

生年月日:1997年5月14日

出身地:ポルトガル・リスボン県アマドーラ

身長:187cm

体重:83kg

ポジション:DF

利き足:右足

【プレースタイル】

  • 現代サッカーに必要なあらゆる能力を高水準で備えている万能センターバック。
  • フィジカルとスピードを併せ持っており、地上戦と空中戦のいずれも負けない。
  • 守備のレーダーを常にフル稼働させて、素早い反応でカバーリング。
  • 的確な指示で統率力があり闘争溢れるプレー。
  • 卓越したボール捌きと正確なキックで攻撃の起点になる。
  • ゴール前でのポジショニングミスがほとんどない。

歴代の背番号を調査!

2006年に友人に誘われるかたちでCFエストレラダアマドラ入団。ストライカーとしてキャリアをスタートさせました。

2008年、ベンフィカの下部組織へ移籍し、中盤の選手として指導されますが、その後、フィジカルの成長に伴い、中盤からディフェンダーにポジションを移し英才教育をうけます。

66番→6番(ベンフィカ:2017→2017-2020)

2015年9月、ベンフィカBチームに昇格しシャベス戦で2部リーグデビューを果たし、最終的にチームを4位に導く活躍をみせました。

2017年9月にはついにトップチームに昇格。

ボアビスタ戦でプリメイラリーガ(1部)デビューを飾り、初年度からリーグ戦24試合に出場。

10代にして主力を担い、このシーズンの最優秀若手選手賞を受賞しました。

2018-19シーズン、完全にチームの主力としてに定着すると、リーグ戦32試合出場、3ゴールの記録を残して、プリメイラ・リーガの優勝に大きく貢献しました。

2019-20シーズンも開幕から気迫溢れるプレーでチームを牽引し、リーグの年間ベストイレブンに選出されました。

  • 2017-18 リーグ戦 24試合・3得点
  • 2018-19 リーグ戦 32試合・3得点
  • 2019-20 リーグ戦 33試合・2得点

スポンサーリンク

3番(マンチェスターシティ:2020-)

多くのビッグクラブが興味をするなか、2020年9月にマンチェスターシティへ移籍となります。

懸案となっていました最終ラインを救うべく、ベンフィカへの移籍金がクラブレコードの推定6800万ポンド(約107億円)+ニコラス オタメンディ選手との交換条件で迎えられたことが大きな話題となりました。

プレミアリーグ初挑戦にもかかわらず、第4節のプレミア初出場から第15節までスタメン出場を飾るなどリーグ戦32試合(1得点=2021年2月のウエストハム戦)に出場。

加入直後からディフェンスリーダーとなり完全にグアルディオラ監督の信頼を掴み、リーグとメディアが選ぶシーズンMVPに輝き、リーグ優勝とリーグ杯の2冠達成に大きく貢献しました。

公式:マンチェスターシティのDFルーベンディアスが2020/21プレミアリーグMVPに選ばれました。プレイヤーに大好評!

・2020-21 リーグ戦 32試合・1得点

スポンサーリンク

代表の歴代背番号を調査

ポルトガルのU-16代表から常にアンダー年代(U-17 U-19 U-20 U-21)の主力を担ってきました。

13番

2018年5月に行なわれました親善試合・チュニジア戦(2-2引き分け)でA代表デビューを果たし、2018年のワールドカップではメンバー入りしものの出場機会は訪れませんでした。

チュニジアとの最初のワールドカップ前の親善試合でのポルトガルの11人。ルベン・ディアスがセレソンデビュー。

4番

★その後は、UEFAネーションズリーグ(2020年11月)のクロアチア戦で代表初ゴールと2ゴール目を挙げるなど、フル代表でも定位置を確保。

★「2022 カタールワールドカップ欧州予選」でも主力として活躍し、6大会連続8度目の本大会出場に貢献しました。

スポンサーリンク

年俸(推定)について

2014年からの年俸推移を示しています。

・2014年 約33万円

・2015年 約33万円

・2016年 約410万円

・2017年 約570万円

・2018年 約3000万円

・2019年 約1.9億万円

・2020年 約1.8億万円

・2021年 約5.6億万円

・2022年 約13.1億万円

私なりのまとめ

マンチェスターシティが、リーグ戦で圧倒的な強さを見せている要因に、ルベンディアス選手の存在という考えを持ったファンも多いと思います。

悲願のチャンピオンズリーグ制覇に向けて、ディアス選手がこれからどのように進化していくのか注目ですね。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

【関連記事はこちら】

ハーランド 歴代の背番号を調査! 身長や国籍、年俸も気になる

エデルソン 歴代の背番号を調査!年俸やプレースタイルについても

カンセロ 歴代の背番号を調査!プレースタイルや年俸についても

ジンチェンコ 歴代の背番号を調査!プレースタイルや年俸についても

グリーリッシュ 歴代の背番号を調査!プレースタイルや年俸推移も気になる

ロドリ 歴代の背番号を調査!大学や年俸推移についても

デブライネ 歴代の背番号を調査!チェルシー退団理由や年俸推移も気になる

【年代別】マンチェスターシティ 歴代メンバー 一覧|背番号付きで紹介

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする