カシージャス 歴代の背番号を調査!現在の活動も気になる

こんにちは、数々の神がかり的なセービングでスペイン代表やレアルマドリードを頂点に導きましたイケルカシージャス選手。

レアルマドリードでは銀河系軍団の守護神として、またスペイン最強時代を牽引した守護神として今でも多くのファンに愛されています。

今回はそんなカシージャス選手についてまとめてみました。

スポンサーリンク

プロフィール

本名:イケル・カシージャス・フェルナンデス

愛称:聖イケル

生年月日:1981年5月20日

出身地:スペイン・マドリード州モストレス

身長:185cm

体重:84kg(現役時)

ポジション:GK

利き足:左足

【プレースタイル】

  • 常に的確なポジショニング。
  • 驚異的な反射神経&瞬発力の持ち主。
  • 世界屈指のFWに対してシュートを打たせないコーチング力が優れている。
  • 飛び出すタイミングなどの判断力が群を抜いている。
  • ミスがほとんどなく安定感が抜群。

歴代の背番号を調査!

レアルマドリード

9歳の時、両親がレアルマドリードのサッカーアカデミー募集の新聞広告をみつけて、サンティアゴ・ベルナベウへ。

見事テスト&トライアウトに合格し下部組織に入団。

着実にステップアップをし16歳の時にU-17スペイン代表に選ばれ、キャプテンとして1997年にエジプトで行われたFIFA U-17世界選手権で3位入賞を果たしました。

28番(1997-1998)

U-17世界選手権の実績が評価され、16歳でUEFAチャンピオンズリーグのローゼンボリBK戦に招集されました。しかし出場はしていません。

1997年11月:16歳のイケルカシージャスがトロンハイムのローゼンボリとレアルマドリードのチームでプレーするように呼ばれました。

スポンサーリンク

27番(1999-2000)

1999-2000シーズン、レアル・マドリードのカスティージャでレギュラーになると同時にトップチームに昇格し第3GKとなります。

1999-2000シーズンはリーグ第3戦のアスレティック・ビルバオ戦でスターティングメンバーに抜擢され活躍するも、レギュラーの座を掴むには至っていませんでした。

1999年12月、負傷により長期離脱したイルクナー選手に代わってポジションを獲得。

チャンピオンズリーグ決勝(バレンシア戦)に出場し歴代最年少記録となります。(19歳4日)

25番(2000-2001)

2000年にはプリメーラ・ディビシオン最優秀新人選手賞であるブラヴォー賞を獲得するも、レアル・バリャドリードから加入したセサルサンチェス選手との熾烈なレギュラー争いがはじまりました。

これが1999年にレアルマドリードでデビューしたイケルカシージャスです。ゲームの真の伝説です!

スポンサーリンク

1番(2001-2015)

2001-02シーズンには一時ポジションを奪われるも、チャンピオンズリーグ決勝バイエル・レバークーゼン戦でサンチェス選手の負傷により後半途中出場を果たすと神がかりなセービングで、2年ぶり9回目の優勝に貢献。

2002年以降は不動のレギュラー・チームのキャプテンとして、ヨーロッパ五本の指に入る守護神と呼ばれるようになりました。

公式戦725試合に出場。25年間クラブ・ブランコのユニフォームを守り続け個人タイトルは・・・

  • FIFA/FIFProのベストイレブンに5回選出
  • IFFHS(国際サッカー歴史統計連盟)の世界最優秀GK賞を5回受賞
  • ブラヴォー賞、サモラ賞も1回ずつ獲得
  • アストゥリアス皇太子賞スポーツ部門、レアル・オルデン・スポーツ功労金賞
  • マドリード州金賞

などを受賞しています。

また銀河系軍団の守護神として・・・

  • チャンピオンズリーグ3回
  • クラブワールドカップ3回
  • インターコンチネンタルカップ2回
  • ヨーロッパ・スーパーカップ2回
  • リーガ5回
  • 国王杯2回

といった数々のビッグタイトルを手にしてきました。

しかし2015年7月11日、表向きは加齢による衰えやシーズンの低パフォーマンスが理由でしたが、実際はペレス会長との確執が表面化し事実上追放となりました。

翌日には1人で退団会見をおこない、チームメイトやFCバルセロナの選手、同世代で共に世界最高のGKと評されたブッフォン選手らからメッセージが届きました。

また、FCバルセロナからアル・サッドへ移籍したシャビ選手が、カシージャスに対する扱いを非難するなど、英雄に対してフロントの冷酷な扱いに非難が湧き上がったことは言うまでもありません。

スポンサーリンク

FCポルト

12番(2015-2016)

2015年7月11日、レアルマドリードがFCポルトに移籍することで合意に達したと正式に発表。(背番号は12)

「僕がポルト行きを決めたのは、主にフレン・ロペテギ監督への信頼と理解があったから」

「いくつかオファーをもらっていたが、引き付けられるほどのものはなかった。それに、私はスペインから離れたかった」

と移籍の真相を語っていました。

1番(2016-2000)

2016-17シーズンから背番号を1に変更しました。

全盛期を彷彿とさせるビッグセーブを連発しリーグ戦19試合で完封勝利に貢献。

CL通算92勝を記録しCL通算勝利数単独1位に立ち、UEFA主要大会では歴代最多の175試合に出場となりました。

ポルトのイケルカシージャスが2017年ゴールデンフット賞を受賞

2017-18シーズンはリーグ最小失点に貢献しチームは4シーズンぶりに優勝。契約を1年延長しました。

また、2018年4月にはキャリア通算1000試合出場を達成しています。

2018-19シーズン、新記録となる20シーズン連続のUEFAチャンピオンズリーグ出場を果たしたものの、2019年5月1日、練習中に心臓発作を起こして病院に搬送されました。

2019年11月には段階的に練習を再開した報じられましたが、選手登録を見送りスタッフとしてチームを支えることが発表されました。

2020年7月2日に契約満了となりポルトを退団。8月1日のポルトガル杯決勝でポルトが優勝を見届けると、3日後の8月4日、正式に現役引退を発表しました。

在籍4シーズンで公式戦156試合に出場。2度のリーグ制覇など、ここでもタイトル獲得に貢献しています。

スポンサーリンク

代表歴代背番号を調査

13番

2000年6月、スウェーデン代表との親善試合でスペイン代表デビューを果たしました。(当時19歳)

1番

2002年の日韓W杯では正GKのサンティアゴカニサレス選手がアクシデントにより負傷したため、正GKとして大会に出場。(当時21歳)

アイルランド戦のPK戦で2回のセービングや韓国戦でのセービングはFIFAによって歴代トップテンのセービングに選出されるなど一躍母国のヒーローとなりました。

以降はスペイン代表の守護神として・・

  • EURO2004
  • 2006FIFAワールドカップ(副キャプテン)
  • EURO2008(キャプテン)
  • 2010FIFAワールドカップ(キャプテン)
  • EURO2012(キャプテン)
  • 2014FIFAワールドカップ(キャプテン)

など、スペイン代表ではGKとして最多、全体でも歴代2位なる通算167試合に出場。

特にキャプテンとして2010年FIFAワールドカップ、ユーロ2008、ユーロ2012の連覇という偉業を達成しスペイン無敵艦隊を象徴する存在となりました。

ちなみにEURO2016ではダビド・デ・ヘア選手に次ぐ、第2GKとして招集されていましたが出場はしていません。

スポンサーリンク

現在の活動も気になる

現在はレアルマドリード財団の副所長であり、国連親善大使ということです。

彼は、レアルマドリード財団の副所長であり、国連親善大使です。

引退表明後には敵対していたフロレンティーノ・ペレス会長とも和解をしており、2020年12月にはレアルマドリードのフロントにアシスタント・ゼネラル・ディレクターの役職で復帰しました。

ちなみに2021年3月12日、美人スポーツジャーナリストとして有名なサラ・カルボネロさんと離婚を発表しています。

2009年から交際を開始しており、スペイン代表が初優勝を果たした2010年のFIFAワールドカップ 南アフリカ決勝のオランダ戦後にカシージャス選手がレポーターだったサラさんに熱烈なキスをしたことは当時大きな話題を呼びました。

私なりのまとめ

現在は現場からは離れた要職で活動されていますが、選手時代の偉大な功績や人間性を知っている多くのファンはきっと「第二のカシージャスを指導してほしい」と現場復帰を望んでいると思います。

今後の活躍に期待したいですね。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

【関連記事はこちら】

【年代別】レアルマドリード 歴代メンバー 一覧|背番号付きで紹介

レアルマドリード歴代最強メンバー!スタメン選手の年俸など顔写真付きで紹介

モリエンテス 歴代の背番号を調査!現在についても気になる

クリロナ 歴代の背番号を調査!年俸(日本円)推移が凄すぎる

セルヒオラモス 歴代の背番号を調査!年俸推移も気になる

マケレレ 歴代の背番号を調査!なぜレアルが放出したのか気になる

グティ 歴代の背番号を調査!現在についても気になる

フィーゴ 歴代の背番号を調査!現在の活動も気になる

シャビ 歴代の背番号を調査!監督としての評価や戦術も気になる

フェルナンドトーレス 歴代の背番号を調査!現在の姿に驚愕

シャビアロンソ 歴代の背番号を調査!14番にこだわる理由とは?

ダビドシルバ 歴代の背番号を調査!後継者についても激白

プジョル 歴代背番号を調査!引退後の現在・現役時代の凄さについても

セスク 歴代の背番号を調査!年俸推移についても気になる

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする